AFormAut : SetJavaScriptAction メソッド

TOP > AFormAut > SetJavaScriptAction メソッド


説明

PDF 上のフィールドにAcrobat JavaScript を設定します。

AFormAut : SetJavaScriptAction メソッド

形式

void SetJavaScriptAction (
        LPCTSTR  bstrTrigger ,
        LPCTSTR  bstrTheScript ) ;

引数

  1. 第一引数 ( LPCTSTR  bstrTrigger ) :
    アクションのトリガを以下の文字列で指定する。 
    • up : マウスボタンを放す
    • down : マウスボタンを押す
    • enter : マウス・ポインタを範囲内に入れる
    • exit : マウス・ポインタを範囲外に出す
    • calculate : フィールドに割り当てた計算が実行された時
    • validate : フィール内容が変更された時
    • format : 計算が終了した時
    • keystroke : 入力があった時
  2. 第二引数 ( LPCTSTR  bstrTheScript ) :
    トリガで実行される一連の JavaScript コードの文字列。
    JavaScript コード内にVBのchr(9) タブ、chr(13) キャリッジリターンを入れて、
    キレイにフォーマットしても構わない。

戻り値

  • 無し。

動作するバージョン

Adobe
Acrobat
結果 備考
4 NO Acrobat 4.0 ※Windows 98SE + Excel 2000 *1
※古いPDFのバージョンはOK!
5 NO Acrobat 5.0.5 + Excel 2003 *1
※古いPDFのバージョンはOK
6 NO Acrobat 6.0.6 Pro + Excel 2003 *1
※古いPDFのバージョンはOK
7 OK Acrobat 7.1.4 Pro + Excel 2003 *2 
※レジストリ操作で全面的に可能になる
8 NO Acrobat 8.3.1 Pro + Excel 2003
※当Acrobatバージョンでは全面的に不可
9 NO Acrobat 9.5.5 Extended + Excel 2003
※当Acrobatバージョンでは全面的に不可
10 OK Acrobat X (10.1.8) Extended + Excel 2003
11 OK Acrobat XI (11.0.5) Extended + Excel 2003
  • OK : 正常処理。
  • NO : 動作しない。 又は実行時にエラーになる。
  • *1 : 「PDF のバージョン」によっては正常処理出来ない場合がある。
  • *2 : 処理前のレジストリに以下を追加する必要があります。
    [HKEY_CURRENT_USER¥Software¥Adobe¥Adobe Acrobat¥7.0¥AVAlert]
    [HKEY_CURRENT_USER¥Software¥Adobe¥Adobe Acrobat¥7.0¥AVAlert¥cCheckbox]
    "idocNewerVersionWarning"=dword:00000001

サンプル:Excel のVBA

説明 : PDFの1ページ目の右上に印刷ダイアログ画面を表示するボタンを付ける。

AFormAut : SetJavaScriptAction メソッド 印刷ボタンをつける
001 Option Explicit 002 003 Public Const PDSaveFull = &H1 004 Public Const PDSaveLinearized = &H4 005 Public Const PDSaveCollectGarbage = &H20 006 007 Sub AFormAut_SetJavaScriptAction_test() 008 009 Dim lRet As Long 010 011 Const CON_PDF_FILE = "D:¥work¥ReleaseNotes.pdf" 012 Const CON_PDF_FI_S = "D:¥work¥ReleaseNotes-S.pdf" 013 014 'Acrobatオブジェクトの定義&作成 015 Dim objAcroApp As New Acrobat.AcroApp 016 Dim objAcroAVDoc As New Acrobat.AcroAVDoc 017 Dim objAcroPDDoc As Acrobat.AcroPDDoc 018 Dim objAcroPDPage As Acrobat.AcroPDPage 019 Dim objAcroPoint As Acrobat.AcroPoint 020 021 Dim objAFormApp As AFORMAUTLib.AFormApp 022 Dim objAFormFields As AFORMAUTLib.Fields 023 Dim objAFormField As AFORMAUTLib.Field 024 025 Dim strFiledName As String 026 Dim lCnt As Long 027 028 '※CreateObject("AFormAut.App")のエラー 029 '※[429 ActiveXコンポーネントはオブジェクトを作成できません。] 030 '※回避用 / メモリにAcrobatを強制ロードさせる 031 objAcroApp.CloseAllDocs 032 033 '*―――――――――――――――――――-- 034 '* PDFファイルを開く 035 036 '処理対象のPDFファイルを開く 037 '※AVDocでOpenしないと"AFormAut.App"で実行エラー 038 lRet = objAcroAVDoc.Open(CON_PDF_FILE, "") 039 If lRet = 0 Then 040 MsgBox "AVDocオブジェクトはOpen出来ません" & vbCrLf & _ 041 CON_PDF_FILE, vbOKOnly + vbCritical, "処理エラー" 042 GoTo Skip_AFormAut_SetJavaScriptAction_test: 043 End If 044 045 'PDFページサイズを取得 046 Set objAcroPDDoc = objAcroAVDoc.GetPDDoc 047 Set objAcroPDPage = objAcroPDDoc.AcquirePage(0) 048 Set objAcroPoint = objAcroPDPage.GetSize 049 050 '*―――――――――――――――――――-- 051 '* AFormオブジェクトの作成 052 053 Set objAFormApp = CreateObject("AFormAut.App") 054 Set objAFormFields = objAFormApp.Fields 055 056 '*―――――――――――――――――――-- 057 '* 印刷ボタンを追加 頁右上に配置 058 059 Set objAFormField = objAFormFields.Add( _ 060 "ButtonXX", "button", 0, _ 061 50, objAcroPoint.y - 20, 150, objAcroPoint.y - 60) 062 063 'ボタン・フィールドの設定 064 With objAFormField 065 'フォントサイズ 066 .TextSize = 20 067 'ボタンのスタイル 068 .BorderStyle = "beveled" '浮き出し 069 'ボタンのキャプション 070 .SetButtonCaption "N", "印刷" 071 '背景色 072 ' ※http://pdf-file.nnn2.com/?p=145 073 .SetBackgroundColor "RGB", 0.7, 0.7, 0.7, 0 074 'トリガーに対する JavaScript の設定 075 ' ※印刷ダイアログを出す 076 .SetJavaScriptAction "up", "this.print(true);" 077 End With 078 079 '設定後に開放 080 Set objAFormField = Nothing 081 082 Skip_AFormAut_SetJavaScriptAction_test: 083 084 085 086 '*―――――――――――――――――――-- 087 '* 終了処理 088 089 '変更したPDFファイルの保存はPDDoc.Saveで必ず行う 090 Set objAcroPDDoc = objAcroAVDoc.GetPDDoc 091 lRet = objAcroPDDoc.Save( _ 092 PDSaveFull + PDSaveCollectGarbage + PDSaveLinearized, _ 093 CON_PDF_FI_S) 094 If lRet = 0 Then 095 MsgBox "05: PDFファイルへ保存出来ませんでした" & vbCrLf & _ 096 CON_PDF_FI_S, vbOKOnly & vbCritical, "エラー" 097 End If 098 099 'AVDocを閉じる 100 lRet = objAcroAVDoc.Close(1) 101 102 'Acrobatアプリケーションの終了 103 objAcroApp.Hide 104 objAcroApp.Exit 105 106 'オブジェクトの開放 107 Set objAFormFields = Nothing 108 Set objAFormApp = Nothing 109 Set objAcroAVDoc = Nothing 110 Set objAcroPDDoc = Nothing 111 Set objAcroPDPage = Nothing 112 Set objAcroPoint = Nothing 113 Set objAcroApp = Nothing 114 115 MsgBox "End Sub" 116 117 End Sub

実行結果

1. Acrobat 7.1.4

  • 印刷ボタンを押すと、印刷ダイアログ画面が表示される。
       、
    AFormAut : SetJavaScriptAction メソッド
      

2. Acrobat X (10.1.8)

Acrobat 7.1.4 と結果は同じ。

3. Acrobat XI (11.0.5)

Acrobat 7.1.4 と結果は同じ。

備考

  1. 「トリガ」が正解です。 「トリガー」ではないです。
  2. Acrobat JavaScript では setAction 等が同等の命令です。

Adobe Web 解説 URL(英語)

  • http://livedocs.adobe.com/acrobat_sdk/10/Acrobat10_HTMLHelp/wwhelp/wwhimpl/js/html/wwhelp.htm?href=IAC_API_FormsIntro.107.14.html&accessible=true
      
  • http://partners.adobe.com/public/developer/en/acrobat/sdk/FormsAPIReference.pdf#nameddest=G14.1031008

その他の参考URL

  1. テキストフィールドのためのJavaScript フォーマット関数の簡易説明 (日本語)
    http://pdflib.techstyle.jp/files/PDFlib-9.0.1-tutorial-J.pdf#page=268
      
  2. AFDate_FormatEx , AFDate_KeystrokeEx , AFSpecial_Keystroke , AFSpecial_Format , AFNumber_Keystroke , AFNumber_Format
    JaveScript 関数 の使い方の例 (英語)
    http://www.lystech.com/webhelp/Content/format-pdf-text-box/advanced.htm
      
  3. [Acrobat][PDF][JavaScript]ボタンについて(日本語)
    http://d.hatena.ne.jp/seuzo/touch/searchdiary?word=*[Acrobat]
      
  4. イベントのタイプと名前の組み合わせ (日本語)
    http://kb2.adobe.com/jp/cps/511/511727/attachments/511727_js_api_reference.pdf#page=359
     
  5. サンプル(英語)
    http://www.vbforums.com/showthread.php?113838-Please-help-me-with-this-PDF-qeustion

戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


出来るだけ早く返答する様には心がけています。
が、遅くなる時もありますのでご了承ください。


SAMURAI Plugin

コメントをする時は出来れば以下もお願いします。

  • OS名 バージョン
  • Acrobat バージョン
  • ツール(Excel等) バージョン
コメントにサンプルコードを入れるとエラーになる場合が有ります。その時はコードの前後に <code> ・・・</code> タグを入れてください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください