関数:PDFを特定のフォーマットに変換する

TOP > サンプル/関数 > 関数:PDFを特定のフォーマットに変換する      [...]


関数:PDFを特定のフォーマットに変換する

機能

PDFファイルを特定のフォーマット(doc , html , xml 等) に変換する。

  • 変換可能な別フォーマットの種類はインストールされている Acrobat Pro アプリのバージョンによっても異なる。
    テキスト(txt) , Word(doc) , Word97(doc) , Word07(docx) , EPS , HTML , HTML 3.2形式 , HTML 4形式 , JPEG2K(jpf, jpx, jp2, j2k, j2c, jpc) , JPEG(jpeg , jpg , jpe) , TEXT(txt) , PNG , PowerPoint(pptx) , spreadsheet , PS , rtf , Excel(xlsx) , tiff(tiff , tif) , XML , PDF/A , PDF/E , PDF/X
    詳細は ExportTask.xml 参照
  • 出力先フォルダを指定できる ※一括
  • PDFファイル単位で出力時のファイル名が指定できる
  • 当関数は変換する前に厳重なPDFのファイル状態と動作環境の状態を事前にチェックする

形式

[boolean] = Convert_PDF_Format_Main_nnn2( string strConvertPdf() , string strOutputFolder )

引数

引数の説明は難しいので、必ずサンプルも参照してください。

  1. 第1引数 ( string strConvertPdf() ) :   ※備考も参照
    2次元配列。 以下は2次元目の位置
    0 : 変換元のPDFのフルパス (IN/必須)
    1 : 変換タイプ (IN/必須)
        例:accesstext , doc , pdfx
    2 : 変換先ファイル名 (IN/任意)
        未指定時はPDFファイルのファイル名+変換タイプのデフォルト拡張子
    3 : 処理結果 エラーメッセージをセット(OUT)
  2. 第2引数 ( string strOutputFolder ) : (IN) 
    変換先のフォルダ名
    既に存在する必要が有る。無いとエラーになる。 

戻り値

  1. True : 正常な処理
  2. False : 実行エラー等

動作するバージョン

VersionAdobe
Acrobat
備考
4
NO
Acrobat 4.0    ※Windows 98SE + Excel 2000
5
NO
Acrobat 5.0.5
6
NO
Acrobat 6.0.3 Pro
7
NO
Acrobat 7.1.4 Pro
8
OK
Acrobat 8.2.2 Pro
9
-
Acrobat 9.3.2 Extended
10
-
Acrobat X (10.1.8) Extended
11
-
Acrobat XI (11.0.04) Extended

未確認だが Acrobat 8 Pro 以上で動作すると説明では有る。

Microsoft
Excel
結果
備考
2000
NO
※OS : Windows 98SE
XP
-
※Office XP [=2002]
2003
-
Windows XP Pro (SP3)
2007
OK
Windows 7 64bit Home (SP1)
2010
-
 
  • OK : 正常処理する。
  • NO : 正常に処理できない。 
  • - : 未確認。 

VBAサンプル

  • 参照設定を事前に行う。
  • 以下のサンプルはテスト用です。
    F8キーでステップ実行して動作確認できます。

Downloadsample-ConvertPDFFormat.xls

001 Option Explicit 002 003 004 ' 関数のテスト用 スクリプト 005 ' http://pdf-file.nnn2.com/?p=768 006 007 008 ' 関数のテスト用 スクリプト 009 010 Sub Convert_PDF_Format_Main_TEST() 011 012 Dim bRet As Boolean 013 Dim strOutputFolder As String 014 Dim strConvPDFfile(2, 3) As String 015 Dim i As Long 016 017 strOutputFolder = "I:¥Adobe PDF¥Output" 018 019 strConvPDFfile(0, 0) = "I:¥Adobe PDF¥TEST-NO-Sec.pdf" 020 strConvPDFfile(0, 1) = "accesstext" '変換タイプ 021 strConvPDFfile(0, 2) = "TEST-NO-Sec.txt" '出力ファイル名 022 strConvPDFfile(0, 3) = "" '処理結果 023 strConvPDFfile(1, 0) = "I:¥Adobe PDF¥TEST-NO-Sec.pdf" 024 strConvPDFfile(1, 1) = "doc" '変換タイプ 025 strConvPDFfile(1, 2) = "TEST-NO-Sec.doc" '出力ファイル名 026 strConvPDFfile(1, 3) = "" '処理結果 027 strConvPDFfile(2, 0) = "I:¥Adobe PDF¥VBJavaScript.pdf" 028 strConvPDFfile(2, 1) = "eps" '変換タイプ 029 strConvPDFfile(2, 2) = "" '未指定はVBJavaScript.epsになる 030 strConvPDFfile(2, 3) = "" '処理結果 031 032 bRet = Convert_PDF_Format_Main_nnn2(strConvPDFfile, strOutputFolder) 033 034 For i = LBound(strConvPDFfile, 1) To UBound(strConvPDFfile) 035 If strConvPDFfile(i, 3) <> "" Then 036 Debug.Print i & " " & strConvPDFfile(i, 0) 037 Debug.Print strConvPDFfile(i, 3) 038 End If 039 Next i 040 041 End Sub 042 043 '******************************************************** 044 ' 045 ' PDFを別フォーマット形式に変換します(Main) 046 ' 047 ' ・変換できる環境であるか事前チェックします 048 ' ・インストールされているAcrobatに合った変換IDテーブルを作成 049 ' ・出力先フォルダが指定できる 050 ' ・出力ファイル名が指定できる 051 ' 052 ' Create : 2013/10/09 053 ' Update : 054 ' Vertion : 1.0.1 055 ' 056 ' 引数1 : strConvertPdf() As String (IN/OUT) 057 ' ※2次元配列で以下は2次元目の位置 058 ' 0 : 変換元のPDFのフルパス (IN/必須) 059 ' 1 : 変換タイプ (IN/必須) 060 ' 例:accesstext , doc , pdfx 061 ' 2 : 変換先ファイル名 (IN/任意) 062 ' 3 : 処理結果 エラーメッセージをセット(OUT) 063 ' 064 ' 引数2 : strOutputFolder As String (IN) 065 ' 出力先フォルダ名 066 ' 067 ' 戻り値 : True 正常終了 068 ' False エラーが有る 069 ' 070 ' 環境条件: 071 '   Acrobat 8 Pro,9 Pro,10 Pro ,11 Pro が 072 '   動作環境にインストールされている必要がある。 073 ' 074 ' 備考 :・既にファイルが存在しても無条件に上書きされる 075 ' ・PDFファイルを処理はサイレントで行われる 076 ' URL : http://pdf-file.nnn2.com/?p=768 077 ' その他 : 著作権等は主張しません。 078 ' 上記URLにコメントを頂けると嬉しいです。 079 ' 080 ' 1.0.1 : Acrobat 2017対応 081 ' 082 '******************************************************** 083 084 Public Function Convert_PDF_Format_Main_nnn2( _ 085 ByRef strConvertPdf() As String, _ 086 ByVal strOutputFolder As String) As Boolean 087 088 On Error GoTo Err_Convert_PDF_Format_Main_nnn2: 089 090 Dim tblCovertPara(19, 2) As String '変換パラメータ・テーブル 091 Dim strAcrobatVersion As String 'Acrobatバージョン 092 Dim strAcrobatPath As String 'File full path 093 Dim strMsg As String 'Error Message 094 Dim bRet As Boolean '戻り値 095 096 Dim i As Long 097 Dim j As Long 098 Dim lIndex As Long 099 Dim strPara As String 100 Dim lPara_Inx As Long 101 Dim strOutputFile As String 102 Dim strOutFileName As String 103 104 Const CON_APP = "Acrobat" 'Acrobat 105 106 Convert_PDF_Format_Main_nnn2 = True 107 108 '---------------------------------------- 109 'Acrobat バージョンの取得 110 bRet = Get_Adobe_App_Info_nnn2( _ 111 CON_APP, _ 112 strAcrobatPath, _ 113 strAcrobatVersion, _ 114 strMsg) 115 If bRet = False Then 116 Convert_PDF_Format_Main_nnn2 = False 117 MsgBox "01:Acrobat バージョンの取得 エラー / " & strMsg 118 Exit Function 119 End If 120 If strAcrobatVersion = vbNullString Then Exit Function 121 122 '---------------------------------------- 123 'PDFの変換テーブルの作成 124 bRet = Convert_PDF_Format_ET_nnn2(strAcrobatVersion, tblCovertPara) 125 If bRet = False Then 126 Convert_PDF_Format_Main_nnn2 = False 127 Exit Function 128 End If 129 130 '---------------------------------------- 131 '出力先フォルダの存在チェック 132 If strOutputFolder = "" Then 133 Convert_PDF_Format_Main_nnn2 = False 134 MsgBox "02:出力先フォルダを指定して下さい" 135 Exit Function 136 End If 137 If Right$(strOutputFolder, 1) = "¥" Then 138 strOutputFolder = Left$(strOutputFolder, Len(strOutputFolder) - 1) 139 End If 140 '※Dir関数はフォルダ名の最後に¥が入ってるとエラーになる 141 If Dir$(strOutputFolder, vbDirectory) = "" Then 142 Convert_PDF_Format_Main_nnn2 = False 143 MsgBox "03:出力先フォルダが存在しない" 144 Exit Function 145 End If 146 strOutputFolder = strOutputFolder & "¥" 147 148 149 '---------------------------------------- 150 '出力先フォルダのCドライブ以外のチェック 151 '※「Safe Path」についての注意事項 152 '※ http://pdf-file.nnn2.com/?p=229 153 If Left$(strOutputFolder, 1) = "C" Or Left$(strOutputFolder, 1) = "c" Then 154 Convert_PDF_Format_Main_nnn2 = False 155 MsgBox "03:出力先フォルダにCドライブは使えない" 156 Exit Function 157 End If 158 159 '---------------------------------------- 160 'ループ処理 161 162 For i = LBound(strConvertPdf, 1) To UBound(strConvertPdf, 1) 163 164 '---------------------------------------- 165 'PDFファイルの完全チェック 166 bRet = Check_PDF_W_nnn2(strConvertPdf(i, 0), strMsg) 167 If bRet = False Then 168 strConvertPdf(i, 3) = "10:PDFファイルでは無い / " & strMsg 169 Convert_PDF_Format_Main_nnn2 = False 170 GoTo Skip_Convert_PDF_Format_Main_nnn2: 171 End If 172 173 '---------------------------------------- 174 '変換パラメータのチェック 175 strPara = strConvertPdf(i, 1) 176 lPara_Inx = -1 177 For j = LBound(tblCovertPara, 1) To UBound(tblCovertPara, 1) 178 If tblCovertPara(j, 2) = strPara Then 179 lPara_Inx = j 180 Exit For 181 End If 182 Next j 183 If lPara_Inx = -1 Then 184 strConvertPdf(i, 3) = "11:変換パラメータが間違ってる" 185 Convert_PDF_Format_Main_nnn2 = False 186 GoTo Skip_Convert_PDF_Format_Main_nnn2: 187 End If 188 189 '---------------------------------------- 190 '出力ファイル名を決定 191 strOutputFile = strConvertPdf(i, 2) 192 If strOutputFile = "" Then 193 '出力ファイル名が指定されて無いので 194 '入力ファイル名を使う 195 strOutFileName = Right$(strConvertPdf(i, 0), _ 196 (Len(strConvertPdf(i, 0)) - InStrRev(strConvertPdf(i, 0), "¥"))) 197 '拡張子はデフォルトに変更する 198 strOutputFile = strOutputFolder & _ 199 Left$(strOutFileName, Len(strOutFileName) - 3) & tblCovertPara(lPara_Inx, 1) 200 Else 201 '出力ファイル名が指定されてる 202 '出力ファイル名に拡張子が存在するかチェック 203 If InStrRev(strOutputFile, ".") < 1 Then 204 '拡張子が指定されてない Not File extension 205 strConvertPdf(i, 3) = "12:出力ファイル名に拡張子が指定されて無い" 206 Convert_PDF_Format_Main_nnn2 = False 207 GoTo Skip_Convert_PDF_Format_Main_nnn2: 208 End If 209 strOutputFile = strOutputFolder & strOutputFile 210 211 End If 212 213 '---------------------------------------- 214 '[ページの抽出]等が可能かを事前チェック 215 bRet = Convert_PDF_Format_Check_nnn2(strConvertPdf(i, 0), strMsg) 216 If bRet = False Then 217 '[開くときのパスワード]か 218 '[ページの抽出]が不可のセキュリティ 219 'が有り、PDFを変換できない。 220 strConvertPdf(i, 3) = "13:文書のセキュリティで処理不可 / " & strMsg 221 Convert_PDF_Format_Main_nnn2 = False 222 GoTo Skip_Convert_PDF_Format_Main_nnn2: 223 End If 224 225 '---------------------------------------- 226 '変換処理を開始する 227 bRet = Convert_PDF_Format_nnn2(strConvertPdf(i, 0), strOutputFile, _ 228 tblCovertPara(lPara_Inx, 0), strMsg) 229 If bRet = False Then 230 strConvertPdf(i, 3) = "14:文書の変換で失敗しました / " & strMsg 231 Convert_PDF_Format_Main_nnn2 = False 232 End If 233 234 Skip_Convert_PDF_Format_Main_nnn2: 235 236 ' If strConvertPdf(i, 3) <> "" Then 237 ' Debug.Print i & ": " & strConvertPdf(i, 3) 238 ' End If 239 Next i 240 241 '---------------------------------------- 242 '終了処理 243 ' Debug.Print Time & " End" 244 245 If Convert_PDF_Format_Main_nnn2 = False Then 246 MsgBox "結果に問題を表示しました" & vbCrLf _ 247 & "中断した処理もあります" & vbCrLf & _ 248 "確認して再度実行して下さい", , "エラー" 249 Else 250 MsgBox "処理は完了しました", , "お知らせ" 251 End If 252 253 Convert_PDF_Format_Main_nnn2 = True 254 255 Exit Function 256 257 Err_Convert_PDF_Format_Main_nnn2: 258 MsgBox "Run time error" & vbCrLf & Err.Number & vbCrLf & _ 259 Err.Description, vbApplicationModal, _ 260 "実行エラー Convert_PDF_Format_Main_nnn2" 261 262 Convert_PDF_Format_Main_nnn2 = False 263 End Function 264 265 266 '******************************************************** 267 ' 268 '[ページの抽出]等が可能かを事前チェック 269 ' 270 ' Create : 2013/10/09 271 ' Update : 272 ' Vertion : 1.0.0 273 ' 274 '******************************************************** 275 276 Private Function Convert_PDF_Format_Check_nnn2( _ 277 ByRef strCovertPdfFile As String, _ 278 ByRef strMessage As String) As Boolean 279 280 On Error GoTo Err_Convert_PDF_Format_Check_nnn2: 281 282 Dim objAcroPDDoc As New Acrobat.AcroPDDoc 283 Dim objAcroPDDocNew As New Acrobat.AcroPDDoc 284 Dim lRet As Long 285 Dim i As Long 286 287 Convert_PDF_Format_Check_nnn2 = True 288 strMessage = "" 289 290 'PDFファイルをサイレントで開く。 291 lRet = objAcroPDDoc.Open(strCovertPdfFile) 292 293 '-------------------------------------------------- 294 '「文書を開くときのパスワード」付きPDF 295 If lRet = 0 Then 296 '「文書を開くときのパスワード」付きPDFファイルです。 297 strMessage = "[文書を開くときのパスワード]付きPDFファイル" 298 Convert_PDF_Format_Check_nnn2 = False 299 'コレ以上の処理は出来ない 300 GoTo Skip_Convert_PDF_Format_Check_nnn2: 301 End If 302 303 '-------------------------------------------------- 304 '.内容のコピー:内容の選択/コピーの可否 305 '※検討中 306 307 '-------------------------------------------------- 308 '.ページの抽出:ページの抽出可否 309 '空の仮のPDFファイルを作成する 310 lRet = objAcroPDDocNew.Create() 311 '仮のPDFファイルに先頭ページを追加する 312 lRet = objAcroPDDocNew.InsertPages(-1, objAcroPDDoc, 0, 1, True) 313 If lRet = 0 Then 314 '「ページの抽出」を許さないPDFファイル 315 strMessage = "[ページの抽出]を許さないPDFファイル" 316 Convert_PDF_Format_Check_nnn2 = False 317 End If 318 'PDFファイルを閉じる ※変更は無視 319 lRet = objAcroPDDoc.Close 320 321 Skip_Convert_PDF_Format_Check_nnn2: 322 323 'オブジェクトを強制開放する 324 Set objAcroPDDoc = Nothing 325 Set objAcroPDDocNew = Nothing 326 327 Exit Function 328 329 Err_Convert_PDF_Format_Check_nnn2: 330 strMessage = Err.Number & " " & Err.Description 331 Convert_PDF_Format_Check_nnn2 = False 332 End Function 333 334 335 '******************************************************** 336 ' 337 ' PDFを別フォーマット形式に変換する 338 ' Convert to (format) a separate file PDF 339 ' 340 ' ※既にファイルが存在しても無条件に上書きされる。 341 ' 342 ' Create : 2013/10/09 343 ' Update : 344 ' Vertion : 1.0.0 345 ' 346 ' 引数1 : strPdfFilePath As String (IN) 347 ' PDFファイルのフルパス 348 ' 引数2 : strOutputFile As String (IN) 349 ' 変換する出力ファイルのフルパス 350 ' 引数3 : strCmd As String (IN) 351 ' 変換ID 352 ' 引数4 : strMsg As String (OUT) 353 ' エラー発生時のエラーメッセージ 354 ' ""はエラー無し 355 ' 356 ' 戻り値 : True 正常処理 357 ' False エラー処理 PDFで無い 358 ' 359 ' 備考 : JavaScriptオブジェクト(JavaScript API)を使って 360 ' PDFファイルを別の形式のファイルへ変換する。 361 ' 処理の最初に objAcroApp.CloseAllDocs を実行して 362 ' OLE処理でのエラーが出ない様にする。(経験上より) 363 ' URL : http://pdf-file.nnn2.com/?p=768 364 ' その他 : 著作権等は主張しません。 365 ' 上記URLにコメントを頂けると嬉しいです。 366 ' 367 '******************************************************** 368 369 Private Function Convert_PDF_Format_nnn2( _ 370 ByVal strPdfFilePath As String, _ 371 ByVal strOutputFile As String, _ 372 ByVal strCmd As String, _ 373 ByRef strMsg As String) As Boolean 374 375 On Error GoTo Err_Convert_PDF_Format_nnn2: 376 377 Convert_PDF_Format_nnn2 = True 378 379 Dim objAcroApp As New Acrobat.AcroApp 380 Dim objAcroPDDoc As New Acrobat.AcroPDDoc 381 Dim jso As Object 382 Dim lRet As Long 383 384 '(経験上より)Acrobatアプリをメモリに強制ロードする 385 '※jsoオブジェクトの作成時にエラーとなる場合の回避策 386 lRet = objAcroApp.CloseAllDocs 387 'lRetの結果は見ない 388 389 'Debug 390 ' Debug.Print Time & " SaveAs " & strOutputFile & " , " & strCmd 391 392 lRet = objAcroPDDoc.Open(strPdfFilePath) 393 If lRet = 0 Then 394 Convert_PDF_Format_nnn2 = False 395 strMsg = "20:objAcroPDDoc.Open(" & strPdfFilePath & ")" 396 ' Debug.Print strMsg 397 GoTo Err_Convert_PDF_Format_nnn2: 398 End If 399 400 'JavaScriptオブジェクトを作成する。 401 Set jso = objAcroPDDoc.GetJSObject 402 If jso Is Nothing Then 403 Convert_PDF_Format_nnn2 = False 404 strMsg = "21:not get jso object (Nothing)" 405 ' Debug.Print strMsg 406 GoTo Err_Convert_PDF_Format_nnn2: 407 End If 408 409 'PDFを別ファイルへ変換する 410 jso.SaveAs strOutputFile, strCmd 411 '当関数は上記でエラーが極力出ないように作成済み 412 413 'PDFを閉じる 414 lRet = objAcroPDDoc.Close 415 'lRetの結果は見ない 416 417 'Acrobatアプリケーションを終了する 418 lRet = objAcroApp.Hide 419 lRet = objAcroApp.Exit 420 'オブジェクトを強制開放する 421 Set jso = Nothing 422 Set objAcroPDDoc = Nothing 423 Set objAcroApp = Nothing 424 425 Convert_PDF_Format_nnn2 = True 426 Exit Function 427 428 Err_Convert_PDF_Format_nnn2: 429 430 strMsg = Err.Number & ":" & Err.Description 431 ' Debug.Print strMsg 432 MsgBox strMsg, , "Convert_PDF_Format_nnn2" 433 434 On Error Resume Next 435 436 'Acrobatアプリケーションを終了する 437 lRet = objAcroApp.Hide 438 lRet = objAcroApp.Exit 439 'オブジェクトを強制開放する 440 Set jso = Nothing 441 Set objAcroPDDoc = Nothing 442 Set objAcroApp = Nothing 443 Convert_PDF_Format_nnn2 = False 444 End Function 445 446 447 '******************************************************** 448 ' 449 ' PDFを別フォーマット形式に変換する(変換ID)テーブルの作成 450 ' 451 ' Create : 2013/10/08 452 ' Update : 2017/07/06 453 ' Vertion : 1.0.1 454 ' 455 ' 備考: 456 ' ・変換ID: 457 ' PDFを別フォーマットに変換するjsoオブジェクトの 458 ' 変換パラメータ。 459 ' ・デフォルトの拡張子: 460 ' 出力ファイルを指定しなかった時のデフォルトの拡張子。 461 ' ・当処理では On Error 処理は行わない。 462 ' ・"com.adobe.acrobat.xml-1-00" などは「変換ID」と言う。 463 ' 464 ' URL : http://pdf-file.nnn2.com/?p=768 465 ' その他 : 著作権等は主張しません。 466 ' 上記URLにコメントを頂けると嬉しいです。 467 ' 1.0.1 : Acrobat 2017対応ロジックの修正 468 ' 469 '******************************************************** 470 471 Private Function Convert_PDF_Format_ET_nnn2( _ 472 ByVal strAcrobatVersion As String, _ 473 ByRef tblCovertPara() As String) As Boolean 474 475 '事前チェック 476 If Not (CLng(strAcrobatVersion) >= 8 And CLng(strAcrobatVersion) <= 17) Then 477 MsgBox "Adobe Application バージョンが無い" & _ 478 vbCrLf & "又は処理未対応のバージョン", , "実行エラー" 479 Convert_PDF_Format_ET_nnn2 = False 480 Exit Function 481 End If 482 483 Dim i As Long 484 Dim j As Long 485 Dim strPara() As String '作業用 486 487 'Initialization 488 For i = LBound(tblCovertPara, 1) To UBound(tblCovertPara, 1) 489 For j = LBound(tblCovertPara, 2) To UBound(tblCovertPara, 2) 490 tblCovertPara(i, j) = vbNullString 491 Next j 492 Next i 493 494 'Value of the array table 495 'Acrobatバージョン単位にExportTask.xmlの情報を元に 496 '変換テーブルを作成する 497 498 Select Case strAcrobatVersion 499 500 Case "8" 501 'Acrobat 8 ExportTask.xml 502 503 504 tblCovertPara(0, 0) = "com.adobe.acrobat.accesstext" '変換ID 505 tblCovertPara(0, 1) = "txt" '出力時のデフォルト拡張子 506 507 tblCovertPara(1, 0) = "com.adobe.acrobat.doc" 508 tblCovertPara(1, 1) = "doc" 509 510 tblCovertPara(2, 0) = "com.adobe.acrobat.eps" 511 tblCovertPara(2, 1) = "eps" 512 tblCovertPara(3, 0) = "com.adobe.acrobat.html-3-20" 513 tblCovertPara(3, 1) = "html" 514 tblCovertPara(4, 0) = "com.adobe.acrobat.html-4-01-css-1-00" 515 tblCovertPara(4, 1) = "html" 516 tblCovertPara(5, 0) = "com.adobe.acrobat.jp2k" 517 tblCovertPara(5, 1) = "j2k" 518 tblCovertPara(6, 0) = "com.adobe.acrobat.jpeg" 519 tblCovertPara(6, 1) = "jpeg" 520 tblCovertPara(7, 0) = "com.adobe.acrobat.plain-text" 521 tblCovertPara(7, 1) = "txt" 522 tblCovertPara(8, 0) = "com.adobe.acrobat.png" 523 tblCovertPara(8, 1) = "png" 524 tblCovertPara(9, 0) = "com.adobe.acrobat.ps" 525 tblCovertPara(9, 1) = "ps" 526 tblCovertPara(10, 0) = "com.adobe.acrobat.rtf" 527 tblCovertPara(10, 1) = "rtf" 528 tblCovertPara(11, 0) = "com.adobe.acrobat.svgxpdf" 529 tblCovertPara(11, 1) = "svgx" '"pdf"も1001エラー 530 tblCovertPara(12, 0) = "com.adobe.acrobat.tiff" 531 tblCovertPara(12, 1) = "tiff" 532 tblCovertPara(13, 0) = "com.adobe.acrobat.xml-1-00" 533 tblCovertPara(13, 1) = "xml" 534 tblCovertPara(14, 0) = "com.adobe.acrobat.xpdf" 535 tblCovertPara(14, 1) = "pdf" 536 tblCovertPara(15, 0) = "com.callas.preflight.pdfa" 537 tblCovertPara(15, 1) = "pdf" 538 tblCovertPara(16, 0) = "com.callas.preflight.pdfx" 539 tblCovertPara(16, 1) = "pdf" 540 541 Case "9" 542 'Acrobat 9 ExportTask.xml 543 544 '変換ID 545 tblCovertPara(0, 0) = "com.adobe.acrobat.accesstext" 546 '出力時のデフォルト拡張子 547 tblCovertPara(0, 1) = "txt" 548 tblCovertPara(1, 0) = "com.adobe.acrobat.doc" 549 tblCovertPara(1, 1) = "doc" 550 tblCovertPara(2, 0) = "com.adobe.acrobat.eps" 551 tblCovertPara(2, 1) = "eps" 552 tblCovertPara(3, 0) = "com.adobe.acrobat.html-3-20" 553 tblCovertPara(3, 1) = "html" 554 tblCovertPara(4, 0) = "com.adobe.acrobat.html-4-01-css-1-00" 555 tblCovertPara(4, 1) = "html" 556 tblCovertPara(5, 0) = "com.adobe.acrobat.jp2k" 557 tblCovertPara(5, 1) = "j2k" 558 tblCovertPara(6, 0) = "com.adobe.acrobat.jpeg" 559 tblCovertPara(6, 1) = "jpeg" 560 tblCovertPara(7, 0) = "com.adobe.acrobat.plain-text" 561 tblCovertPara(7, 1) = "txt" 562 tblCovertPara(8, 0) = "com.adobe.acrobat.png" 563 tblCovertPara(8, 1) = "png" 564 tblCovertPara(9, 0) = "com.adobe.acrobat.ps" 565 tblCovertPara(9, 1) = "ps" 566 tblCovertPara(10, 0) = "com.adobe.acrobat.rtf" 567 tblCovertPara(10, 1) = "rtf" 568 tblCovertPara(11, 0) = "com.adobe.acrobat.svgxpdf" 569 tblCovertPara(11, 1) = "svgx" 570 tblCovertPara(12, 0) = "com.adobe.acrobat.tiff" 571 tblCovertPara(12, 1) = "tiff" 572 tblCovertPara(13, 0) = "com.adobe.acrobat.xml-1-00" 573 tblCovertPara(13, 1) = "xml" 574 tblCovertPara(14, 0) = "com.adobe.acrobat.xpdf" 575 tblCovertPara(14, 1) = "xpdf" 576 tblCovertPara(15, 0) = "com.callas.preflight.pdfa" 577 tblCovertPara(15, 1) = "pdf" 578 tblCovertPara(16, 0) = "com.callas.preflight.pdfe" 579 tblCovertPara(16, 1) = "pdf" 580 tblCovertPara(17, 0) = "com.callas.preflight.pdfx" 581 tblCovertPara(17, 1) = "pdf" 582 583 Case "10" 584 'Acrobat X (10.0) ExportTask.xml 585 586 '変換ID 587 tblCovertPara(0, 0) = "com.adobe.acrobat.accesstext" 588 '出力時のデフォルト拡張子 589 tblCovertPara(0, 1) = "txt" 590 tblCovertPara(1, 0) = "com.adobe.acrobat.doc" 591 tblCovertPara(1, 1) = "doc" 592 tblCovertPara(2, 0) = "com.adobe.acrobat.docx" 593 tblCovertPara(2, 1) = "docx" 594 tblCovertPara(3, 0) = "com.adobe.acrobat.eps" 595 tblCovertPara(3, 1) = "eps" 596 tblCovertPara(4, 0) = "com.adobe.acrobat.html" 597 tblCovertPara(4, 1) = "html" 598 tblCovertPara(5, 0) = "com.adobe.acrobat.jp2k" 599 tblCovertPara(5, 1) = "j2k" 600 tblCovertPara(6, 0) = "com.adobe.acrobat.jpeg" 601 tblCovertPara(6, 1) = "jpeg" 602 tblCovertPara(7, 0) = "com.adobe.acrobat.plain-text" 603 tblCovertPara(7, 1) = "txt" 604 tblCovertPara(8, 0) = "com.adobe.acrobat.png" 605 tblCovertPara(8, 1) = "png" 606 tblCovertPara(9, 0) = "com.adobe.acrobat.ps" 607 tblCovertPara(9, 1) = "ps" 608 tblCovertPara(10, 0) = "com.adobe.acrobat.rtf" 609 tblCovertPara(10, 1) = "rtf" 610 tblCovertPara(11, 0) = "com.adobe.acrobat.spreadsheet" 611 tblCovertPara(11, 1) = "spreadsheet" 612 tblCovertPara(12, 0) = "com.adobe.acrobat.tiff" 613 tblCovertPara(12, 1) = "tiff" 614 tblCovertPara(13, 0) = "com.adobe.acrobat.xlsx" 615 tblCovertPara(13, 1) = "xlsx" 616 tblCovertPara(14, 0) = "com.adobe.acrobat.xml-1-00" 617 tblCovertPara(14, 1) = "xml" 618 tblCovertPara(15, 0) = "com.callas.preflight.pdfa" 619 tblCovertPara(15, 1) = "pdf" 620 tblCovertPara(16, 0) = "com.callas.preflight.pdfe" 621 tblCovertPara(16, 1) = "pdf" 622 tblCovertPara(17, 0) = "com.callas.preflight.pdfx" 623 tblCovertPara(17, 1) = "pdf" 624 625 Case "11", "17" 626 'Acrobat XI (11.0) ExportTask.xml + Acrobat 2017 627 628 '変換ID 629 tblCovertPara(0, 0) = "com.adobe.acrobat.accesstext" 630 '出力時のデフォルト拡張子 631 tblCovertPara(0, 1) = "txt" 632 tblCovertPara(1, 0) = "com.adobe.acrobat.doc" 633 tblCovertPara(1, 1) = "doc" 634 tblCovertPara(2, 0) = "com.adobe.acrobat.docx" 635 tblCovertPara(2, 1) = "docx" 636 tblCovertPara(3, 0) = "com.adobe.acrobat.eps" 637 tblCovertPara(3, 1) = "eps" 638 tblCovertPara(4, 0) = "com.adobe.acrobat.html" 639 tblCovertPara(4, 1) = "html" 640 tblCovertPara(5, 0) = "com.adobe.acrobat.jp2k" 641 tblCovertPara(5, 1) = "j2k" 642 tblCovertPara(6, 0) = "com.adobe.acrobat.jpeg" 643 tblCovertPara(6, 1) = "jpeg" 644 tblCovertPara(7, 0) = "com.adobe.acrobat.plain-text" 645 tblCovertPara(7, 1) = "txt" 646 tblCovertPara(8, 0) = "com.adobe.acrobat.png" 647 tblCovertPara(8, 1) = "png" 648 tblCovertPara(9, 0) = "com.adobe.acrobat.pptx" 649 tblCovertPara(9, 1) = "pptx" 650 tblCovertPara(10, 0) = "com.adobe.acrobat.ps" 651 tblCovertPara(10, 1) = "ps" 652 tblCovertPara(11, 0) = "com.adobe.acrobat.rtf" 653 tblCovertPara(11, 1) = "rtf" 654 tblCovertPara(12, 0) = "com.adobe.acrobat.spreadsheet" 655 tblCovertPara(12, 1) = "spreadsheet" 656 tblCovertPara(13, 0) = "com.adobe.acrobat.tiff" 657 tblCovertPara(13, 1) = "tiff" 658 tblCovertPara(14, 0) = "com.adobe.acrobat.xlsx" 659 tblCovertPara(14, 1) = "xlsx" 660 tblCovertPara(15, 0) = "com.adobe.acrobat.xml-1-00" 661 tblCovertPara(15, 1) = "xml" 662 tblCovertPara(16, 0) = "com.callas.preflight.pdfa" 663 tblCovertPara(16, 1) = "pdf" 664 tblCovertPara(17, 0) = "com.callas.preflight.pdfe" 665 tblCovertPara(17, 1) = "pdf" 666 tblCovertPara(18, 0) = "com.callas.preflight.pdfx" 667 tblCovertPara(18, 1) = "pdf" 668 669 Case Else 670 671 'プログラムロジックエラー 672 Convert_PDF_Format_ET_nnn2 = False 673 MsgBox "プログラムのロジックでエラー発生", , "実行エラー" 674 Exit Function 675 676 End Select 677 678 'Edit Parameters 679 '変換IDのカンマで区切った4番目を抽出 680 '例:[com.adobe.acrobat.accesstext] -> [accesstext] 681 '例:[com.callas.preflight.pdfx] -> [pdfx] 682 For i = LBound(tblCovertPara, 1) To UBound(tblCovertPara, 1) 683 If tblCovertPara(i, 0) <> vbNullString Then 684 strPara = Split(tblCovertPara(i, 0), ".") 685 tblCovertPara(i, 2) = strPara(3) 686 ' Debug.Print "tblCovertPara(" & i & ")=" & _ 687 ' tblCovertPara(i, 2) 688 End If 689 Next i 690 691 '正常処理 692 Convert_PDF_Format_ET_nnn2 = True 693 694 End Function


 Highlight:プログラミング言語のソースコードを構文で色分け (GUI編)
 

001 Public Function Get_Adobe_App_Info_nnn2( _ 002         ByVal strApp As String, _ 003         ByRef strPath As String, _ 004         ByRef strVersion As String, _ 005         ByRef strMsg As String) As Boolean 006 007 ’※当ロジックは 008 ’関数:Acrobat , Adobe Reader のインストールパスとバージョンを取得 009 ’http://pdf-file.nnn2.com/?p=767 010 ’から持ってくる。 011 012 End Function


 Highlight:プログラミング言語のソースコードを構文で色分け (GUI編)
 

001 Public Function Get_PDF_Version_nnn2( _ 002         ByVal sFilePath As String, _ 003         ByRef sPDF_Version As String, _ 004         ByRef lAcrobat_Version As Long) As Boolean 005          006 ’※当ロジックは 007 ’関数:「PDFのバージョン」を取得する 008 ’http://pdf-file.nnn2.com/?p=760 009 ’から持ってくる。 010 011 End Function


 Highlight:プログラミング言語のソースコードを構文で色分け (GUI編)
 


テスト結果

1. Acrobat Pro 8.3.1 + Windows 7 64bit + Excel 2007

  • 正常処理した変換パラメータ ExportTask.xml
    • com.adobe.acrobat.accesstext
    • com.adobe.acrobat.doc
    • com.adobe.acrobat.eps
    • com.adobe.acrobat.html-3-20
    • com.adobe.acrobat.html-4-01-css-1-00
    • com.adobe.acrobat.jp2k
    • com.adobe.acrobat.jpeg
    • com.adobe.acrobat.plain-text
    • com.adobe.acrobat.png
    • com.adobe.acrobat.ps
    • com.adobe.acrobat.rtf
    • com.adobe.acrobat.xml-1-00
    • com.callas.preflight.pdfx
  • 実行エラー
    • com.adobe.acrobat.svgxpdf
      • 1001実行エラー
    • com.adobe.acrobat.xpdf
      • 1001実行エラー
    • com.callas.preflight.pdfa
      • 「別のプログラムでOLEの操作が完了するまで待機を続けます」エラー 

備考

  1. 第一引数の strConvertPdf に付いて。
    2次元配列で以下の様にセットする。

        strConvPDFfile(0, 0) = "I:¥Adobe PDF¥TEST-NO-Sec.pdf"
        strConvPDFfile(0, 1) = "accesstext"     '変換タイプ
        strConvPDFfile(0, 2) = "TEST-NO-Sec.txt" '出力ファイル名
        strConvPDFfile(0, 3) = ""               '処理結果
    "accesstext" はExportTask.xml にある変換パラメータ
    com.adobe.acrobat.accesstext の4番目の文字列を指定。

  2. サンプルの Convert_PDF_Format_ET_nnn2 関数で変換パラメータ(com.adobe.acrobat.svgxpdf 等)に
    対する変換後のデフォルトの拡張子は更に検討する部分もかなり有ります。
    1. com.adobe.acrobat.jp2k -> j2k
    2. com.adobe.acrobat.svgxpdf -> svgx
    3. com.adobe.acrobat.xpdf -> pdf
    4. com.adobe.acrobat.spreadsheet -> spreadsheet
    5. com.adobe.acrobat.pptx -> pptx

注意

  1. 変換するための jso オブジェクトを正常に処理させるために、非常に複雑な事前チェック処理を行っています。
    エラー等が出る時はコメント扱いにしている Debug.Print 命令を実行させて再検討して下さい。
    ※その時は当サイトページにコメントをお願いします。
  2. 機能で説明した出力時の拡張子は全てを動作確認していません。
  3. PDFをHTML変換すると、イメージ(画像等)は保存先フォルダにimageフォルダを作って、そこに別に保存されます。
    この時に多数のPDFファイルをHTML変換すると、複数のHTMLファイルに対してイメージ(画像等)は同じ保存先フォルダ上に有るimageフォルダに同時に保存されます。
    同じimageフォルダに保存されるのがダメな場合は、別々の保存先フォルダを個別に指定する必要が有ります。
    詳細は「PDFをHTMLへ変換する上でのイメージファイルを扱う注意事項」も参照 
  4. 出力先ドライブにCドライブは指定できません。
    Acrobat JavaScript における「Safe Path」についての注意事項」参照

動作確認環境

  • Windows 98SE (WindowsUpdate) + Excel 2000 (SP3)
  • Windows XP Pro (SP3 + WindowsUpdate) + Excel XP (SP3)
  • Windows XP Pro (SP3 + WindowsUpdate) + Excel 2003 (SP3)
  • Windows 7 64bit Home  (SP1 + MicrosoftUpdate) + Excel 2007 (SP3)

サンプル一覧

「関数:PDFを特定のフォーマットに変換する」への6件のフィードバック

  1. フォルダに2つのpdfファイルがあり、
    VBAでPDFファイルをExcel(xlsx)方式で保存するコードをご教示ください。
    お願いします。

  2. 先程コメントした山中です。
    追記お願いします。

    保存するフォルダは元々PDFが入っているフォルダに保存し、変化後のファイル名は変換前のPDFの名前と同じにできますでしょうか。
    ご迷惑をおかけしますがお願いします

  3. たびたびすいません。山中です。
    もう一つ忘れてました。

    PDFの中身は数ページ存在していて、エクセルファイルに変換する際は、ページをエクセルのシートごとに分けたいです。

  4. 山中さん 初めまして。

    当ページの内容はメーカーが公開している情報ではありません。当サイト管理人が複数の情報を元に偶然見つけた内容です。よってネット検索をしても出てきません。もったいないので公開しました。それを前提で注意の上でご活用ください。

    >・・保存するコード・・

    ダウンロード・ファイル PDF-Function-yyyymmdd.zip に入っている sample-ConvertPDFFormat.xls を御覧ください。
    当ページのサンプルです。
    strConvPDFfile(0, 0) = "I:\Test\Test-pdf.pdf"
    strConvPDFfile(0, 1) = "xlsx" '変換タイプ
    strConvPDFfile(0, 2) = "Test.xlsx" '出力ファイル名
    strConvPDFfile(0, 3) = "" '処理結果
    で動作します。(動作しました。
    strConvPDFfile(0, 3)が””ならば正常終了です。

    >・・フォルダに保存し、・・名前と同じに・・

    公開している当サンプルを改造すれば可能です。

    >・・ページをエクセルのシートごとに分けたい・・

    動作確認をしたところ、1PDFで1シート出力です。
    ページ単位で1シートへの出力は出来ません。
    しかし、事前に不要なページを削除(DeletePages)すれば該当ページのシート出力が可能です。ロジックは手間のかかるモノになりますが、それで対応するしか手は無いように思われます。

    ご参考になれば幸いです。

  5. 管理人さん

    Acrobat上で複数のPDFから中身を抽出するという作業の自動化を行いたく、検索していたところ、このサイトにたどり着きました。

    pdfから文章を抽出するというのは、精度の問題から頼れるスクリプトやアプリケーションがあまりなく、Acrobatで自動化できればなあと考えていましたので、とても助かりました。

    当環境(Excel2016-64bit, Acrobat DC 2019)でも無事に実行することができました。

  6. ながとーも さん はじめまして

    Twitterにコメントを頂いた方でしょうか?
    とにかく、お役に立てて嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


出来るだけ早く返答する様には心がけています。
が、遅くなる時もありますのでご了承ください。


SAMURAI Plugin

コメントをする時は出来れば以下もお願いします。

  • OS名 バージョン
  • Acrobat バージョン
  • ツール(Excel等) バージョン
コメントにサンプルコードを入れるとエラーになる場合が有ります。その時はコードの前後に <code> ・・・</code> タグを入れてください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください