PDFをHTMLへ変換する上でのイメージファイルを扱う注意事項

TOP > サンプル / 関数 > PDFをHTMLへ変換する上でのイメージファイルを扱う注意事項      [...]


はじめに

PDFからHTMLファイルへ変換する中で

  • PDF ->「HTML 3.2」
  • PDF ->「HTML 4.01 - CSS 1.0 準拠」

の2種類が存在します。

出力先のフォルダやファイル名を設定するのは Excel VBA のサンプルで示しました。

しかし、PDFに含まれるイメージ(jpegファイル)はその時のAcrobat本体で設定されているフォルダ先に保存されます。

つまり、別に「images」フォルダを作成して保存するか、それともHTMLファイルと同じフォルダ上に保存するかは、Excel VBA ではコントロール出来ないと思っていました。

調査した結果、その設定内容はレジストリに保存されている事が分かりました。

調査に使用したソフトは「レジストリへのアクセスを監視・記録するソフト「Regmon」 」です。

フリーソフトですが英語版で使用方法がイマイチ分かりません。

が、何とかフィルター設定で突き止めました。※あまりお薦め出来ないソフト。

  

レジストリ

 

[HKEY_CURRENT_USER¥Software¥Adobe¥Adobe Acrobat¥8.0¥AVConversionFromPDF¥cSettings¥c1¥cSettings]

上で管理してるみたいです。

  • imagesフォルダに保存する場合 :Using Images Folder
    "bUseCurrentFolder"=dword:00000000
  • imagesフォルダに保存しない場合 :No Images Folder
    "bUseCurrentFolder"=dword:00000001

上記のレジストリの値を事前に変更して、PDFを各HTMLに変換する操作をすれば、同じフォルダにイメージファイルも保存出来るかもしれません。

なぜ、「出来るかも?」と表現するかは、Acrobat本体は起動時に現在のレジストリの値を読み込んでいます。

そしてAcrobat本体が終了時に再度レジストリに保存しています。

つまりAcrobat本体が起動中はレジストリを見て無い気配があります(注意:他の設定は不明です)。

よって、上記の調査結果を元に Excel VBA でのレジストリコントロールは無意味かもしれません。

次回、WindowsAPIでレジストリ操作をしてテストして見る予定です。

 





 

備考

 

注意

  • 上記レジストリに関する情報はAcrobat 8に関するだけです。
    Acrobat 7では上記レジストリは存在しません。
    管理している場所も調査中ですが不明です。
    但し、Acrobat 7にも同様にPDFからHTML等への変換機能は備わっています。

 

サンプル一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


出来るだけ早く返答する様には心がけています。
が、遅くなる時もありますのでご了承ください。


SAMURAI Plugin

コメントをする時は最低でも以下をお願いします。

  • OS名 バージョン
  • Acrobat バージョン
  • ツール(Excel等) バージョン