Poppler:pdftops の使い方

TOP > Poppler ツール > *


Candice Swanepoel - my Bond girl

機能

Pdftops がPDF ファイルを PostScript に変換して印刷できるようにします。

Help の内容

001 >pdftops -help 002 pdftops version 0.45.0 003 Copyright 2005-2016 The Poppler Developers - http://poppler.freedesktop.org 004 Copyright 1996-2011 Glyph & Cog, LLC 005 Usage: pdftops [options] <PDF-file> [<PS-file>] 006 -f <int> : first page to print 007 -l <int> : last page to print 008 -level1 : generate Level 1 PostScript 009 -level1sep : generate Level 1 separable PostScript 010 -level2 : generate Level 2 PostScript 011 -level2sep : generate Level 2 separable PostScript 012 -level3 : generate Level 3 PostScript 013 -level3sep : generate Level 3 separable PostScript 014 -origpagesizes : conserve original page sizes 015 -eps : generate Encapsulated PostScript (EPS) 016 -form : generate a PostScript form 017 -opi : generate OPI comments 018 -r <int> : resolution for rasterization, in DPI (default is 300) 019 -binary : write binary data in Level 1 PostScript 020 -noembt1 : don't embed Type 1 fonts 021 -noembtt : don't embed TrueType fonts 022 -noembcidps : don't embed CID PostScript fonts 023 -noembcidtt : don't embed CID TrueType fonts 024 -passfonts : don't substitute missing fonts 025 -aaRaster <string> : enable anti-aliasing on rasterization: yes, no 026 -optimizecolorspace : convert gray RGB images to gray color space 027 -preload : preload images and forms 028 -paper <string> : paper size (letter, legal, A4, A3, match) 029 -paperw <int> : paper width, in points 030 -paperh <int> : paper height, in points 031 -nocrop : don't crop pages to CropBox 032 -expand : expand pages smaller than the paper size 033 -noshrink : don't shrink pages larger than the paper size 034 -nocenter : don't center pages smaller than the paper size 035 -duplex : enable duplex printing 036 -opw <string> : owner password (for encrypted files) 037 -upw <string> : user password (for encrypted files) 038 -q : don't print any messages or errors 039 -v : print copyright and version info 040 -h : print usage information 041 -help : print usage information 042 --help : print usage information 043 -? : print usage information


 Highlight:プログラミング言語のソースコードを構文で色分け (GUI編)
 

形式

pdftops  [options]  <PDF-file>  [<PS-file>]

  • options : オプション。複数の組み合わせ可能。
  • PDF-file : 入力のPDFファイル名
  • PS-file : 出力のPSファイルのルート名
    無指定時は拡張子のみ .ps にして、入力のPDFファイル名のファイル名を使用します。 -epsオプション時は拡張子は .eps になります。
    フォルダ、フルパス指定も出来ます。

各区切りは1つ以上の半角の空白です。

例:

input.pdf を読み込み、カレント+saveフォルダに変換後のPSファイルを出力します。

>pdftops  input.pdf  save¥out.ps

saveフォルダに出力 : out.ps

 

Options

各オプションはオプション文字列の前にハイフン「-」、そしてオプション名です。更に値が続く場合は1つ以上の半角の空白を入れてから、値を入れます。複数のオプションを連続で入れる時も1つ以上の半角の空白を入れて連続させます。

例: 

-f  1  -l  10

-f <int>

変換対象にするPDFの最初のページ番号を指定します。

-l <int>

変換対象にするPDFの最後のページ番号を指定します。

-level1

レベル1のPostScriptを生成します。作成したPostScriptファイルは(画像が含まれている場合)かなり大きくなりますが、レベル1のプリンタで印刷されます。これはまた、すべての画像を黒と白に変換します。PostScript レベル オプション(-level1, -level1sep, -level2, -level2sep, -level3, -level3sep)の1つを与えることができるに過ぎません。

-level1sep

レベル1の分離可能なポストスクリプトを生成します。すべての色はCMYKに変換されます。画像は4つのコンポーネントの個別のストリームデータに書き込まれます。

-level2

レベル2のPostScriptを生成します。レベル2はカラー画像と画像圧縮をサポートしています。これはデフォルトの設定です。

-level2sep

レベル2の分離可能なポストスクリプトを生成します。すべての色はCMYKに変換されます。PostScript の分離コンベンション演算子はカスタム(スポット)の色を処理するために使用されています。

-level3

レベル3のPostScriptを生成します。これはすべてのレベル2の機能に加えて CIDフォントの埋め込みを可能にします。

-level3sep

レベル3の分離可能なポストスクリプトを生成します。分離処理は-level2sep の場合と同じです。

-origpagesizes

元のページサイズを節約します。このオプションは -paper match と同じです。

-eps

EPSファイルを生成します。EPSファイルには単一の画像が含まれているので、複数ページのPDFファイルでこのオプションを使用する場合は単一のページ(1ページのみ)を指定する -f (開始頁)と -l(終了頁) オプションを使用する必要があります。モードオプション(-eps、-form)の1つを与えることができるに過ぎません。

>pdftops  -eps  -f 5  -l 5  input.pdf  output.ps

-form

フォームを理解しているソフトウェアでインポートできる PostScript 形式を生成します。フォームは単一のページが含まれているので、複数ページのPDFファイルでこのオプションを使用する場合は単一(1つ)のページを指定する -f (開始頁) と -l (終了頁) オプションを使用する必要があります。モードオプション(-eps、-form)の1つを与えることができるに過ぎません。

-opi

OPI 情報を持っているすべての画像やフォームのためのOPI コメントを生成します。(pdftops がOPI をサポートするようにコンパイルされた場合のみ、このオプションが使用可能です。)

-binary

レベル1の PostScript でバイナリデータを書き込みます。デフォルトでは pdftops はレベル1のPostScriptに16進数でエンコードされたデータを書き込みます。バイナリデータはレベル1のPostScriptで標準的ではないが、ファイルサイズが小さくなり、レベル1の PostScript がPostScript 演算子の使用の制限にだけ必要なときに役立ちます。

-r <int>

透明度のある画像をラスタライズする時に、又はレベル1のPostScriptのために、カラーマスクで画像をラスタライズする時に、DPIの解像度を設定します。デフォルトで pdftops は300 DPIに画像をラスタライズします。

-noembt1

デフォルトでPDFファイルに埋め込まれているすべてのType 1フォントは PostScript ファイルにコピーされます。このオプションは代わりにベースフォントを代用するpdftops にします。埋め込みフォントは PostScript ファイルを大きくするが読み込み可能な出力のために必要になることがあります。

-noembtt

デフォルトで PDFファイルに埋め込まれた任意のTrueTypeフォントはPostScriptファイルにコピーされます。このオプションは代わりにベースフォントを代用する pdftops にします。埋め込みフォントは PostScript ファイルを大きくするが読み込み可能な出力のために必要になることがあります。また、いくつかのPostScriptインタプリタはTrueTypeラスタライザを持っていません。

-noembcidps

デフォルトでPDFファイルに埋め込まれた任意のCID PostScriptフォントはPostScriptファイルにコピーされます。このオプションは埋め込むことを無効にします。
非組み込みCID PostScriptフォントの代わりに行われません。*

-noembcidtt

デフォルトでPDFファイルに埋め込まれているすべてのCID TrueTypeフォントは PostScript ファイルにコピーされます。このオプションは埋め込むことを無効にします。非埋め込みCID TrueTypeフォントの代わりに行われません。*

-passfonts

デフォルトでPDFファイル内の非埋め込み8ビットのフォントへの参照は最も近い「Helvetica」、「TimesRoman」、または「Courier」フォントで置換されます。このオプションは PostScript ファイルまで非埋め込みフォントへの参照を渡します。

-aaRaster <string>

yes | no

ラスタライズにアンチエイリアシングを有効にします。

-optimizecolorspace

灰色のRGB画像を灰色の色空間に変換します。

-preload

画像やフォームをプリロード(先読み)する。

-paper <string>

"手紙", "リーガル", "A4", 又は "A3"のいずれかの用紙サイズを設定します。これはPDFファイルで指定されたサイズに一致する用紙サイズが設定されている"match"に設定することができます。-paper、-papers、または-papersオプションが指定されていない場合は、デフォルトは用紙サイズを一致させることです。

-paperw <int> 

ポイントで用紙幅を設定します。

-paperh <int>

ポイントで用紙の高さを設定します。

-nocrop

デフォルトで出力はPDFファイルで指定されたクロップボックス(CropBox)にトリミングされます。このオプションはそのトリミングを無効にします。

-expand

紙に記入する用紙よりも小さい PDF ページを展開します。既定ではこれらのページは拡大縮小されません。

-noshrink

紙よりも大きいPDFのページを拡大縮小しないでください。デフォルトでは紙よりも大きいページが収まるように縮小しています。

-nocenter

デフォルトでは(任意の拡大縮小後の)紙よりも小さいPDFのページは紙を中心としています。このオプションはそれらの代わりに紙の左下隅に整列させます。

-duplex

PostScript ファイルの双方向のページデバイスのエントリを設定します。これは双方向を有効にする双方向対応プリンタに指示します。

-opw password

PDF ファイルのオーナーパスワードを指定します。すべてのセキュリティ制限をバイパスします。

-upw password

ユーザーパスワードを指定します。文書を開くパスワードです。

-q

任意のメッセージまたはエラーを表示しません。慣れるまで使用は控えましょう。

-v

著作権とバージョン情報を表示します。

-h ,-help , --help , -?

使い方の情報を表示します。

終了コード

pdffonts ツールは次の終了コードを返します。

  • 0 : エラー無し
  • 1 : 入力PDFファイルを開く時にエラーが発生した
  • 2 : 出力ファイルを開く時にエラーが発生した
  • 3 : 入力PDFファイルのアクセス権に関連するエラーが発生した
  • 99 : その他のエラー

VBA関数からの起動

以下のVBA関数を利用してPoppler の pdffonts.exe をコマンドライン起動できます。 

動作確認の環境

  • Windows 10 64bit Pro
  • Microsoft Office 2007 Excel 32bit

< Poppler へ戻る >

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


出来るだけ早く返答する様には心がけています。
が、遅くなる時もありますのでご了承ください。


SAMURAI Plugin

コメントをする時は出来れば以下もお願いします。

  • OS名 バージョン
  • Acrobat バージョン
  • ツール(Excel等) バージョン
コメントにサンプルコードを入れるとエラーになる場合が有ります。その時はコードの前後に <code> ・・・</code> タグを入れてください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください