AcroPDFLib.AxAcroPDF: goBackwardStack メソッド

TOP > AcroPDFLib.AxAcroPDF > goBackwardStack


説明

1つ前のPDFページではなく、2つ前に表示したページが存在する時は、その2つ前のページに移動表示します。

2つ前に表示したページが存在しない時は、1つ前に表示したページに移動表示します。

WEBブラウザの「戻る」を1度に2回した動作と思えば判りやすいと思います。

※Acrobatではこれを「ビュースタック:view stack」と言っています。

 

形式

void goBackwardStack();

 

戻り値

  • 無し。

 

引数

  • 無し。

 

サンプル:ExcelのVBA

 

・・・・
Private Sub cmdGoBackwardStack_Click()
    '2つ目のビュースタックがあれば2つ前のページ表示をし、
    'なければ1つ目の表示したページを移動表示します。
    AcroPDF1.goBackwardStack
End Sub
・・・・

 

 

補足

  • 操作方法が判りにくいメソッドです。実際の動作確認が判りやすいです。
  • この操作は判りにくいので使用するのは避けた方がいいかもしれません。

 

動作確認環境

  • WindowsXP Pro(+ SP3) +
    Acrobat 8.1.2 Pro + Office 2003 + MicrosoftUpdate

 

戻る


キーボード

ブラウザ画面の文字サイズを変更するショートカットキー

  1. [ CTRL ] + [ + ]  :  文字を大きく
  2. [ CTRL ] + [ - ]  :  文字を小さく

Shortcut Keys

  1. [ CTRL ] + [ + ]  :  Up the font size
  2. [ CTRL ] + [ - ]  :  Down the font size

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


出来るだけ早く返答する様には心がけています。
が、遅くなる時もありますのでご了承ください。


SAMURAI Plugin

コメントをする時は出来れば以下もお願いします。

  • OS名 バージョン
  • Acrobat バージョン
  • ツール(Excel等) バージョン
コメントにサンプルコードを入れるとエラーになる場合が有ります。その時はコードの前後に <code> ・・・</code> タグを入れてください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください