AcroPDFLib.AxAcroPDF: src プロパティ

TOP > AcroPDFLib.AxAcroPDF > *


説明

PDF表示先のURLをセットするとAcroPDFオブジェクトにPDFを表示する。

また、AcroPDFオブジェクトに表示されているPDFのURLを取得できる。

形式

[get/set] src

戻り値

  • PDF表示されているURL。※それとローカルPDFのフルパス。

引数

  • プロパティなので無し。

サンプル:ExcelのVBA

・・・・

001 Private Sub cmdReadPDF_Click() 002 On Error GoTo Err_cmdReadPDF_Click 003 '入力チェック 004 If Trim(txtURL.Text) = "" Then Exit Sub 005 'PDFを表示する 006 AcroPDF1.src = txtURL.Text 007 Exit Sub 008 Err_cmdReadPDF_Click: 009 MsgBox Err.Number & " : " & vbCrLf & Err.Description, _ 010 vbOKOnly + vbCritical, "実行エラー : cmdReadPDF_Click" 011 End Sub

・・・・


 Highlight:プログラミング言語のソースコードを構文で色分け (GUI編)
 

補足

  • Acrobat SDK 8.1英語版の説明ではURLを対象にしているが、
    ローカルPDFのフルパスを指定しても同じ事が出来る。
  • PDFファイル以外をセットすると実行エラーが発生すると思ったが、
    実際はAcrobat、又はAcrobat Readerが立ち上がって、
    以下のメッセージが表示されてしまう。※以下はテキストファイルを強制セットしてみた。
      
    PDF表示エラー

    ファイルの最初に%PDF- がありません。

動作確認環境

  • WindowsXP Pro + SP3 + フルWindowsUpdate +
    Acrobat 8.1.2 Pro + Office 2003 + フルMicrosoftUpdate

戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


出来るだけ早く返答する様には心がけています。
が、遅くなる時もありますのでご了承ください。


SAMURAI Plugin

コメントをする時は出来れば以下もお願いします。

  • OS名 バージョン
  • Acrobat バージョン
  • ツール(Excel等) バージョン
コメントにサンプルコードを入れるとエラーになる場合が有ります。その時はコードの前後に <code> ・・・</code> タグを入れてください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください