PDFブラウザ用の参照設定

TOP > AcroPDFLib.AxAcroPDF > PDFブラウザ用の参照設定


説明

 

AcroPDFLib.AxAcroPDF オブジェクトをExcel VBAで使用する時は更に以下のDLLの参照設定の追加が必要になります。

 

ファイル:

C:¥Program Files¥Common Files¥Adobe¥Acrobat¥ActiveX¥AcroPDF.dll

 

ライブラリファイル名:

Adobe Acrobat 8.0 Browser Control Type Library 1.0

PDFブラウザ用の参照設定

 

注)Acrobatバージョンにより8.0の部分は変わります。

この参照設定を行うとツールボックスに以下の「AcroPDFコントロール」が追加されます。

ツールボックス上のAcroPDFオントロール

 

このAdobe社マークの様なコントロールを Excel VBA フォームにドラッグ&ドロップして貼り付ければ、Excel VBA フォームからPDFファイルの表示、ページ移動、印刷等の操作がロジックで可能になります。

Excel VBAのフォームにAcroPDFコントロールを追加

 





 

なお、Acrobar SDK 8.1 にはVB.NET等を使って当オブジェクトである AcroPDFコントロールを使用している例があります。

プロジェクト名「AcrobatActiveXVB」がそれです。

VB.NETの方はそれを参考にした方が判りやすいです。

 

戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


出来るだけ早く返答する様には心がけています。
が、遅くなる時もありますのでご了承ください。


SAMURAI Plugin

コメントをする時は最低でも以下をお願いします。

  • OS名 バージョン
  • Acrobat バージョン
  • ツール(Excel等) バージョン