AcroExch.App: GetAVDoc メソッド

TOP > AcroExch.App > GetAVDoc      [...]


説明

開いているAVDocオブジェクトのリストの中のインデックスからAcroExch.AVDocオブジェクトを取得します。

 

形式

LPDISPATCH GetAVDoc(long nIndex);

 

戻り値

  • 収録成功時は該当するAcroExch.AVDocオブジェクト。
  • 収録失敗時は Nothing。

 

引数

  1.  第一引数(long nIndex) : ウィンドウの番号。0から開始する。

 

動作するバージョン

Version Adobe
Acrobat
備考
4
OK
Acrobat 4.0   ※Windows 98SE + Excel 2000
5
OK
Acrobat 5.0.5
6
OK
Acrobat 6.0.3 Pro
7
OK
Acrobat 7.0.9 Pro
Acrobat 7.1.4 Pro
8
OK
Acrobat 8.2.2 Pro
9
OK
Acrobat 9.3.2 Extended
10
-
Acrobat X (10.1.8) Extended
11
-
Acrobat XI (11.0.04) Extended
  • OK = 動作する。
  • NO = 動作しない。 戻り値が0を返す。
  • - = 未確認。 環境とテスト時間が出来次第、結果を入力します。

 






サンプル:ExcelのVBA

説明:PDFファイルを2つ画面表示して、2番目に表示したPDFファイルのタイトルをメッセージ表示する。

  • 参照設定を事前に行う。
  • 以下のサンプルはテスト用です。
    F8キーでステップ実行して動作確認します。 

 

Sub AcroExch_App_GetAVDoc()

    'Acrobatオブジェクトの定義&作成
    'Acrobat 4,5,6 の時
'    Dim objAcroApp    As Acrobat.CAcroApp
'    Dim objAcroPDDoc1 As Acrobat.CAcroPDDoc
'    Dim objAcroPDDoc2 As Acrobat.CAcroPDDoc
'    Dim objAcroAVDoc  As Acrobat.CAcroAVDoc
'    Dim objAcroAVDoc1 As Acrobat.CAcroAVDoc
'    Dim objAcroAVDoc2 As Acrobat.CAcroAVDoc
'
'    Set objAcroApp    = CreateObject("AcroExch.App")
'    Set objAcroPDDoc1 = CreateObject("AcroExch.PDDoc")
'    Set objAcroPDDoc2 = CreateObject("AcroExch.PDDoc")
'    Set objAcroAVDoc  = CreateObject("AcroExch.AVDoc")
'    Set objAcroAVDoc1 = CreateObject("AcroExch.AVDoc")
'    Set objAcroAVDoc2 = CreateObject("AcroExch.AVDoc")

'Acrobat 7,8,9,10,11 の時
    Dim objAcroApp    As New Acrobat.AcroApp
    Dim objAcroPDDoc1 As New Acrobat.AcroPDDoc
    Dim objAcroPDDoc2 As New Acrobat.AcroPDDoc
    Dim objAcroAVDoc  As Acrobat.AcroAVDoc
    Dim objAcroAVDoc1 As Acrobat.AcroAVDoc
    Dim objAcroAVDoc2 As Acrobat.AcroAVDoc
    
    '以降はAcrobat全て共通
    Dim lRet        As Long     '戻り値
    Const CON_PDF1 = "C:¥work¥Test01.pdf"
    Const CON_PDF2 = "C:¥work¥Test02.pdf"
    
    'Acrobatを起動表示する
    lRet = objAcroApp.Show  '(TEST用)
    
    'PDFドキュメントを開く
    lRet = objAcroPDDoc1.Open(CON_PDF1)
    If lRet = False Then
        '実行エラー
        MsgBox "ERR1:ファイルが無い=" & CON_PDF1
        GoTo AcroExch_App_GetAVDoc_Skip:
    End If
    lRet = objAcroPDDoc2.Open(CON_PDF2)
    If lRet = False Then
        '実行エラー
        MsgBox "ERR2:ファイルが無い=" & CON_PDF2
        GoTo AcroExch_App_GetAVDoc_Skip:
    End If
    'テスト確認用に画面表示する
    objAcroPDDoc1.OpenAVDoc CON_PDF1
    objAcroPDDoc2.OpenAVDoc CON_PDF2
    
    Set objAcroAVDoc = objAcroApp.GetAVDoc(0)
'    Set objAcroAVDoc = objAcroApp.GetAVDoc(1)
    If objAcroAVDoc Is Nothing Then
        MsgBox "実行エラー"
        Exit Sub
    Else
        MsgBox objAcroAVDoc.GetTitle
    End If
    
AcroExch_App_GetAVDoc_Skip:
    '注意:以下のCloseの順番を変更すると実行エラー
    lRet = objAcroApp.CloseAllDocs
    lRet = objAcroPDDoc1.Close
    lRet = objAcroPDDoc2.Close
    
    'アプリケーションの終了
    lRet = objAcroApp.Hide
    lRet = objAcroApp.Exit
    
    'オブジェクトの強制開放
    Set objAcroAVDoc1 = Nothing
    Set objAcroAVDoc2 = Nothing
    Set objAcroPDDoc1 = Nothing
    Set objAcroPDDoc2 = Nothing
    Set objAcroAVDoc = Nothing
    Set objAcroApp = Nothing
    
End Sub

 

テスト結果

GetAVDoc メソッドのテスト結果

 

補足

  • 上記サンプルは確認しやすいようにShowメソッドを使っているが、実際はShowメソッドは必要ではない。
  • 引数(インデックス)は0からです。
  • 存在しないウインドウのインデックス(番号)を指定しても戻り値が Nothing になるだけです。この時点で実行エラーにはならない。
  • ラベル『AcroExch_App_GetAVDoc_Skip』以降の終了処理は順番を1つでも間違えると実行エラーになります。結果としてAcrobatアプリケーションのプロセスがメモリ上に残る事態になりますますので、要注意です。

 

動作確認環境

  • Windows98SE( + WindowsUpdate) +
    Acrobat 4.0 + Office 2000
  • WindowsXP Pro( + SP3 + WindowsUpdate) +
    Acrobat 5.0.5  + Office 2003
  • WindowsXP Pro( + SP3 + WindowsUpdate) +
    Acrobat 6.0.3 Pro + Office 2003( + SP3)
  • WindowsXP Pro( + SP2 + WindowsUpdate) +
    Acrobat 7.0.9 Pro + Office 2003
  • WindowsXP Pro( + SP3 + WindowsUpdate) +
    Acrobat 7.1.4 Pro + Office 2003( + SP3)
  • WindowsXP Pro( + SP3 + WindowsUpdate) +
    Acrobat 8.2.2 Pro + Office 2003( + SP3)
  • WindowsXP Pro( + SP3 + WindowsUpdate) +
    Acrobat 9.3.2 Extended + Office 2003( + SP3) 

 

Adobe Web 解説 URL(英語)v9.1

http://livedocs.adobe.com/acrobat_sdk/9.1/Acrobat9_1_HTMLHelp/IAC_API_OLE_Objects.103.8.html

 

戻る


キーボード

ブラウザ画面の文字サイズを変更するショートカットキー

  1. [ CTRL ] + [ + ]  :  文字を大きく
  2. [ CTRL ] + [ - ]  :  文字を小さく

Shortcut Keys

  1. [ CTRL ] + [ + ]  :  Up the font size
  2. [ CTRL ] + [ - ]  :  Down the font size

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


出来るだけ早く返答する様には心がけています。
が、遅くなる時もありますのでご了承ください。


SAMURAI Plugin

コメントをする時は最低でも以下をお願いします。

  • OS名 バージョン
  • Acrobat バージョン
  • ツール(Excel等) バージョン