Acrobat OLE 使用上の注意事項

TOP > *      [...]


当サイトが、Acrobat OLE機能(IAC)の紹介を始めて、3年以上経ちます。

最初は単なる興味から始まり、月日が経つにつれ、日本のエンジニア向けへの技術情報提供へと変わってきました。

その間に悪戦苦闘しながらも、やっとある程度は情報提供できる形にはなったと思っています。

ただ、時間的なものが邪魔をして不揃いな内容になっている事は申し訳なく思っています。

 

Acrobat OLE機能(IAC)の全貌が判った時点で、改めてここに使用上の注意事項を書かせて頂きます。

なお、これは当サイト管理人の判断であり、メーカーからの情報提供では有りません。

  1. Acrobat OLE機能(IAC)にはAcrobatアプリケーション本体が持っている機能の5%以下の機能しか提供されてない
  2. Acrobat OLE機能(IAC)にはAcrobat v6以降から機能の見直しをしていない
    注意)バージョンに関しては詳細な確認はしていない。v7かもしれない。
  3. Acrobat OLE機能(IAC)には単純なバグがあるにも関わらず、一向に修正がされない
  4. ユーザーが多い日本人のエンジニア向けの解説書(日本語版)SDKが提供されてない
  5. 機能は提供されて、解説が無いものも多数ある。つまり使い方が判らない

 

かなり悲観的な部分が有るが、誤解をしないで頂きたい。

当サイト管理人はこの機能を不定している訳ではありません。

OLE機能はこの手のソフトにとってエンジニア向けに提供されるの機能としては当然の機能であり、またアプリケーション本体と同程度の機能を提供するのはメーカーとしては当然の義務だと思っています。

しかい、バージョンアップを繰り返しても改善されません。

本当にAcrobat を使いこなすべきエンジニア達に対しての配慮が欠けていると思われます。

特に1と5の問題点はエンジニア泣かせと見ていいでしょう。

 





 

しかし、当サイトは今後も Acrobat OLE 機能(IAC) の情報提供を行っていきます。

まだ解説できてない部分の追加もします。

電子文書フォーマット「PDF」をエンジニアがプログラミング・コントロールする時の少しでも役に立つ情報提供に心がけたいと思っています。

 

以上、当サイト管理人より。   2013/10/11

 

TOPへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


出来るだけ早く返答する様には心がけています。
が、遅くなる時もありますのでご了承ください。


SAMURAI Plugin