Acrobat Preference : avpGreekLevel

TOP > IAC.BAS > avpGreekLevel      [...]


説明

Acrobat本体の環境設定にあるのグリーギング状態にする文字サイズの最小ポイント数を指定します。

デフォルトでは6ピクセルグリーギングがオンの時は文字を灰色の表示にします。

なお、Acrobat ver.8からは環境設定で設定出来ないようになりました。

でもOLE(IAC)からは操作出来ます。

 

  • 「環境設定」画面 Acrobat v6.0.3の場合
     
    環境設定/グリーギング処理 Acrobat v6.0.3
     
    ↓↓↓↓ 一部のみ拡大表示 
       
    環境設定/「グリーギング処理」設定
     
  • 定数(=11):avpGreekLevel(戻り値:Boolean)
  • Appオブジェクトにおける GetPreferenceExSetPreferenceEx メソッドの第1引数に使用される。
  • 「グリーギング」処理がされたPDF表示画面。
    小さい文字は一部が灰色に塗りつぶされます。
    以下はAcrobat v8.1.2での画面例。
     
    グリーギング画面 

 

設定値

  1. 第二引数
    • デフォルトは6
      グリーギングを始める文字のポイント整数値。

 

動作するバージョン

Version Adobe
Acrobat
Adobe
Reader
備考
4
-
-
Acrobat 4.0
※Windows 98SE + Excel 2000
5
OK

-
Acrobat 5.0.5
「グリーキング」と呼ばれて使用。
※[編集]->[環境設定]->[一般]->[表示]
6
OK

-
Acrobat 6.0.3 Pro
「グリーキング処理」と呼ばれて使用。
※[編集]->[環境設定]->[ページ表示]
7
OK
-
Acrobat 7.0.9 Pro
Acrobat 7.1.4 Pro
「グリーキング処理」と呼ばれて使用。
※[編集]->[環境設定]->[ページ表示]
8
OK
-
Acrobat 8.1.2 Pro
環境設定からは設定出来ません。
設定箇所は消えてありません。
しかし機能としてはOLE(IAC)から使用できます。
デフォルトはオフでグリーキング処理されません。
9
-
-
Acrobat 9.3.2 Extended
10
-
-
Acrobat X (10.1.8) Extended
11
-
-
Acrobat XI (11.0.04) Extended
  • OK = 動作する。
  • NO = 動作しない。 戻り値が0を返す。
  • - = 未確認。

 






サンプル:ExcelのVBA

  

説明:

Acrobat本体の環境設定の「グリーギング」設定をオンにし、
8ポイント文字以下はグリーギング状態にします。

  • F8キーでステップ実行しながら動作確認する。
  • 事前に参照設定をする。

 

Sub Test_GetPreferenceEx_avpGreekLevel()

    Dim objAcroApp  As New Acrobat.AcroApp
    Dim bRet        As Long
    Dim dRet        As Double
    With objAcroApp
    
    '環境設定をグリーキング状態にする。
    bRet = .SetPreferenceEx(avpGreekText, True)
    
    '特定のAcrobatアプリケーション環境設定値を取得する。
    dRet = .GetPreferenceEx(avpGreekLevel)
    Debug.Print "dRet=" & dRet
    Debug.Print _
        "GetPreferenceEx(avpGreekLevel)=(" & _
        .GetPreferenceEx(avpGreekLevel) & ")"
    
    '環境設定/ページ表示/ページコンテンツと情報/
    ' データ量の多い画像を表示=オフ」に設定。
    bRet = .SetPreferenceEx(avpGreekLevel, 8)
    Debug.Print "bRet=" & bRet
    
    End With
    Set objAcroApp = Nothing

End Sub

 

実行結果

 

  • 実行前
     
    グリーギング値設定前
     
  • 実行後
     
    グリーギング値設定後
     
    ※黒くなった箇所の文字がグリーギング状態になっている。

 

補足

  • Acrobat バージョン8から環境設定出来ないようになっているみたいです。
    但しOLE(IAC)からは操作可能なので機能としてはAcrobatアプリケーション本体には残っています。
  • これはパソコンスペックが悪い時代の機能だと予想されます。
    現代ではこのグリーギングは必要無いと思われます。
    よって将来的にはこの機能は無くなるとサイト管理者は予測しています。
  • iac.basの内容を参照。
  • IAC.BASにある定数の説明一覧を参照。

 

 

注意

  • 当定数の情報はAcrobat Ver7,8,9 SDKにも、ネット上にも正確には見つかりませんでした。
    当サイト管理者がAcrobat+Excel VBAの動作テストにより推測した結果です。
  • 電子フォーマット文書「PDF」がの国際標準化された事により、
    将来、この機能は無効化されるとサイト管理者は推測しています。

 

動作確認環境

  • WindowsXP Pro( + SP3) + WindowsUpdate +
    Acrobat 8.1.2 Pro + Office 2003

 

戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


出来るだけ早く返答する様には心がけています。
が、遅くなる時もありますのでご了承ください。


SAMURAI Plugin