Acrobat Preference : avpSkipWarnings

TOP > IAC.BAS > avpSkipWarnings      [...]


説明

 

  • ユーザーがノート、しおり、リンク、ページ、またはサムネイル等の編集する時に警告ダイアログボックス(警告表示)を表示するかを制御します。
    デフォルトは表示されます。

    ▼以下はページ削除時の警告ダイヤログ画面
     
    警告 このページを文書から削除してよろしいですか?
     
    ▼以下はAcrobat XI (11) の環境設定画面 
     
    Acrobat XI(11) 環境設定/一般 「編集の警告を表示しない」
     

  • 定数(=14) : avpSkipWarnings (戻り値 : long)
  • Appオブジェクトにおける
    GetPreference と SetPreference メソッドの第1引数に使用されます。 又は
    GetPreferenceExSetPreferenceEx メソッドの第1引数に使用されます。

 

設定値

  • 数値 1 : 警告ダイアログボックス(警告表示)を表示させない。
    Acrobat 4 ~ 6 のみ。
    「編集の警告を表示しない」設定をオン。
  • 数値 -1 : 警告ダイアログボックス(警告表示)を表示させない。
    Acrobat 7 ~ XI (11) のみ。
    「編集の警告を表示しない」設定をオン。
  • 数値 0 : 警告ダイアログボックス(警告表示)を表示させる。
    「編集の警告を表示しない」設定をオフ。
    デフォルト値。

 

動作するバージョン

Adobe
Acrobat
結果
備考
4
OK
Acrobat 4.0 ※Windows 98SE + Excel 2000
5
OK
Acrobat 5.0.5 + Excel 2003
6
OK
Acrobat 6.0.6 Pro + Excel 2003
7
OK
Acrobat 7.1.4 Pro + Excel 2003
8
OK
Acrobat 8.3.1 Pro + Excel 2003
9
OK
Acrobat 9.5.2 Extended + Excel 2003
10
OK
Acrobat X (10.1.4) Extended + Excel 2003
11
OK
Acrobat XI (11.0) Extended + Excel 2003
  • OK : 動作する。
  • NO : 動作しない。 
  • Acrobat 4 ~ 6 は
    GetPreference , SetPreference を使用する。
  • Acrobat 7 ~ XI (11) は
    GetPreferenceEX , SetPreferenceEX を使用するがベストです。

 






サンプル:Excel のVBA

  

説明 :

ユーザーがノート、しおり、リンク、ページ、またはサムネイルを削除する時、
警告ダイアログボックス(警告表示)が表示されない様にします。

  • F8キーでステップ実行しながら動作確認する。
  • 事前に参照設定をする。

 

Option Explicit

Private Sub Test_avpSkipWarnings()
    
    'Acrobatオブジェクトの定義&作成
    
    'Acrobat 4,5,6 の時
'    Dim objAcroApp   As Acrobat.CAcroApp
'    Set objAcroApp = CreateObject("AcroExch.App")

    'Acrobat 7,8,9,10,11 の時
    Dim objAcroApp      As New Acrobat.AcroApp
    
    '以降はAcrobat全て共通
    Dim lRet            As Long     '戻り値
    
'    'Acrobat 4,5,6 の時
'    '特定のAcrobatアプリケーション環境設定値を取得する。
'    lRet = objAcroApp.GetPreference(avpSkipWarnings)
'    Debug.Print _
'        "GetPreference(avpPrefsVersion)=(" & lRet & ")"
    
    'Acrobat 7,8,9,10,11 の時
    '特定のAcrobatアプリケーション環境設定値を取得する。
    lRet = objAcroApp.GetPreferenceEx(avpSkipWarnings)
    Debug.Print _
        "GetPreferenceEx(avpSkipWarnings)=(" & lRet & ")"
    
    '「警告ダイアログボックスが表示しない」= ON
    'Acrobat 4,5,6 の時
    lRet = objAcroApp.SetPreference(avpSkipWarnings, 1)
    Debug.Print "SetPreference.lRet=" & lRet
    
    '「警告ダイアログボックスが表示しない」= ON
    'Acrobat 7,8,9,10,11 の時
    lRet = objAcroApp.SetPreferenceEx(avpSkipWarnings, True)
    Debug.Print "SetPreferenceEX.lRet=" & lRet
    
'    '「警告ダイアログボックスが表示しない」= OFF
'    'Acrobat 7,8,9,10,11 の時
'    lRet = objAcroApp.SetPreferenceEx(avpSkipWarnings, Flase)
'    Debug.Print "SetPreferenceEX.lRet=" & lRet   
    
    'オブジェクトを強制開放する
    Set objAcroApp = Nothing

End Sub

 


実行結果

 

  1. Acrobat 4 の場合
    • GetPreference,SetPreference のみ使用可
    • GetPreferenceEX,SetPreferenceEX は実行時エラー(Runtime Error)
    • 「編集の警告を表示しない」設定のデフォルトはオフ。
    • オン : objAcroApp.SetPreference(avpSkipWarnings, 1) を実行
      GetPreference(avpSkipWarnings) は 1 が返る。
    • オフ : objAcroApp.SetPreference(avpSkipWarnings, 0) を実行
      GetPreference(avpSkipWarnings) は 0 が返る。
      Acrobat 4 一般環境設定 「編集の警告を表示しない」
  2. Acrobat 5 の場合
    • GetPreference,SetPreference のみ使用
    • SetPreferenceEX は実行エラー(Runtime Error)
    • 「編集の警告を表示しない」設定のデフォルトはオフ。
    • オン : objAcroApp.SetPreference(avpSkipWarnings, 1) を実行
      GetPreference(avpSkipWarnings) は 1 が返る。
    • オフ : objAcroApp.SetPreference(avpSkipWarnings, 0) を実行
      GetPreference(avpSkipWarnings) は 0 が返る。
      Acrobat 5 環境設定/オプション 「編集の警告を表示しない」 
  3. Acrobat 6 の場合
    • GetPreference,SetPreference のみ使用 
    • 「編集の警告を表示しない」設定のデフォルトはオフ。
    • オン : objAcroApp.SetPreference(avpSkipWarnings, 1) を実行
      GetPreference(avpSkipWarnings) は 1 が返る。
    • オフ : objAcroApp.SetPreference(avpSkipWarnings, 0) を実行
      GetPreference(avpSkipWarnings) は 0 が返る。
      Acrobat 6 環境設定/一般 「編集の警告を表示しない」 
  4. Acrobat 7 の場合
    • GetPreferenceEX,SetPreferenceEX を使用
    • 「編集の警告を表示しない」設定のデフォルトはオフ。
    • オン : objAcroApp.SetPreferenceEX(avpSkipWarnings, -1) を実行
      GetPreferenceEX(avpSkipWarnings) は -1 が返る。
    • オフ : objAcroApp.SetPreferenceEX(avpSkipWarnings, 0) を実行
      GetPreferenceEX(avpSkipWarnings) は 0 が返る。
      Acrobat 7 環境設定/一般 「編集の警告を表示しない」 
  5. Acrobat 8 の場合
    • Acrobat 7 と同様。 
      Acrobat 8 環境設定/一般 「編集の警告を表示しない」 
  6. Acrobat 9 の場合
    • Acrobat 7 と同様。  
      Acrobat 9 環境設定/一般 「編集の警告を表示しない」 
  7. Acrobat X (10) の場合
    • Acrobat 7 と同様。 
      Acrobat X(10) 環境設定/一般 「編集の警告を表示しない」 
  8. Acrobat XI (11) の場合
    • Acrobat 7 と同様。
      Acrobat XI(11) 環境設定/一般 「編集の警告を表示しない」 

 

 

実行(テスト)結果の詳細

 

上記の実行結果は下記のテスト結果の詳細を分析した結果です。

  • ON  とは「編集の警告を表示しない」がチェック・オンの状態。
  • OFF とは「編集の警告を表示しない」がチェック・オフの状態。
  1. Acrobat 4 の場合
    1. GetPreferenceEXは実行時エラーで使用できない。
      ※コンパイルはOK
    2. SetPreferenceEXは実行時エラーで使用できない。
      ※コンパイルはOK
    3. SetPreferenceで値 0 を実行すると設定は OFF に成功。
      • GetPreferenceは 0 が返る。
    4. SetPreferenceで値 1 を実行すると設定は ON に成功。
      • GetPreferenceは 1 が返る。
    5. SetPreferenceで値 -1 を使うと戻り値は-1だが設定 ON にならない。不良。
      • GetPreferenceは 65535 が返る。
      • 次回GetPreferenceは実行すると 65535 が返る。
  2. Acrobat 5 の場合
    1. SetPreferenceEXは実行時エラーでは使用できない。
      ※コンパイルはOK
    2. SetPreference で値( 0)を実行すると設定 OFF に成功。
      • GetPreference は値  0 が返る。
      • GetPreferenceEXは値  0 が返る。
    3. SetPreference で値( 1)を実行すると設定 ON に成功。
      • GetPreference は値  1 が返る。
      • GetPreferenceEXは値 -1 が返る。
    4. SetPreference で値(-1)を実行すると設定 ON に成功。
      • GetPreference は値 65535 が返る。
      • GetPreferenceEXは値 -1 が返る。
      • 次回GetPreferenceは実行すると 65535 が返る。
  3. Acrobat 6 の場合
    1. SetPreferenceEXは実行時エラーで使用できない。
      ※コンパイルはOK
    2. SetPreference  で値  1 を実行すると設定 ON に成功。
      • GetPreferenceEXは -1 が返る。
      • GetPreference  は  1 が返る。
    3. SetPreference  で値  0 を実行すると設定 OFF に成功。
      • GetPreferenceEXは 0 が返る。
      • GetPreference  は 0 が返る。
    4. SetPreference  で値  Flase を実行すると設定 OFF に成功。
      • GetPreferenceEXは 0 が返る。
      • GetPreference  は 0 が返る。
    5. SetPreference  で値 -1 を実行すると設定 ON にならない。不良
      • 但し、戻り値は-1になる。
    6. SetPreference  で値 True を実行すると設定 ON にならない。不良
      • 但し、戻り値は-1になる。
  4. Acrobat 7 の場合
    1. SetPreferenceEXで値 -1 を実行すると設定 ON に成功。
      • GetPreferenceEXは -1 が返る。
      • GetPreference は  1 が返る。
    2. SetPreferenceEXで値 1 を実行すると設定 ON に成功。
      • GetPreferenceEXは -1 が返る。
      • GetPreference は  1 が返る。
    3. SetPreferenceEXで値 0 を実行すると設定 OFF に成功。
      • GetPreferenceEXは 0 が返る。
      • GetPreference は 0 が返る。
    4. SetPreferenceEXで値 True を実行すると設定 ON に成功。
      • GetPreferenceEXは-1 が返る。
      • GetPreference は 1 が返る。
    5. SetPreferenceEXで値 False を実行すると設定 OFF に成功。
      • GetPreferenceEXは 0 が返る。
      • GetPreference は 0 が返る。
    6. SetPreference で値 -1 を実行すると設定 ON に成功。
      • GetPreferenceEXは -1 が返る。
      • GetPreference は  1 が返る。
    7. SetPreference で値 1 を実行すると設定 ON に成功。
      • GetPreferenceEXは -1 が返る。
      • GetPreference は  1 が返る。
    8. SetPreference で値 0 を実行すると設定 OFF に成功。
      • GetPreferenceEXは 0 が返る。
      • GetPreference は 0 が返る。
    9. SetPreference で値 True を実行すると設定 ON に成功。
      • GetPreferenceEXは -1 が返る。
      • GetPreference は  1 が返る。
    10. SetPreference で値 False を実行すると設定 OFF に成功。
      • GetPreferenceEXは 0 が返る。
      • GetPreference は 0 が返る。
  5. Acrobat 8 の場合

    同上。

  6. Acrobat 9 の場合

    同上。

  7. Acrobat X (10) の場合

    同上。

  8. Acrobat XI (11) の場合

    同上。

 

備考

  1. Adobe SDK では設定値は True か False となっているが、
    当サイトでは数値( 0 ,1 ,-1 )を設定値とする。
    True か False では処理できない場合がある為。
  2. Adobe SDK では戻り値は Boolean となっているが、当サイトでは Long とする。
    Boolean では処理できない場合がある為。

 

注意

  1. 動作環境のAcrobat バージョンにより、使えるメソッド、使える設定値、判定する戻り値が
    異なるので実行(テスト)結果の詳細を必ず確認する必要があります。

 

動作確認の環境

 

  • Acrobat 4.0 + Office 2000( + SP3)
    +  Windows 98SE( + WindowsUpdate)
  • Acrobat 5.0.5 + Office 2003( + SP3)
    +  Windows XP Pro( + SP3 + WindowsUpdate)
  • Acrobat 6.0.6 Pro + Office 2003( + SP3)
    +  Windows XP Pro( + SP3 + WindowsUpdate)
  • Acrobat 7.1.4 Pro + Office 2003( + SP3)
    +  Windows XP Pro( + SP2 + WindowsUpdate)
  • Acrobat 8.3.1 Pro + Office 2003( + SP3)
    +  Windows XP Pro( + SP3 + WindowsUpdate)
  • Acrobat 9.5.2 Extended + Office 2003( + SP3)
    +  Windows XP Pro( + SP3 + WindowsUpdate)
  • Acrobat X(10.1.4) Extended + Office 2003( + SP3)
    + Windows XP Pro( + SP3 + WindowsUpdate)

 

Adobe Web 解説 URL(英語)

  • 無し。見つからない。

 

戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


出来るだけ早く返答する様には心がけています。
が、遅くなる時もありますのでご了承ください。


SAMURAI Plugin

コメントをする時は最低でも以下をお願いします。

  • OS名 バージョン
  • Acrobat バージョン
  • ツール(Excel等) バージョン