Acrobat Preference : avpShowSplashAtStartup

TOP > IAC.BAS > avpShowSplashAtStartup


説明

  • Acrobat,Acrobar Readerアプリケーションの起動時にスプラッシュウィンドウを表示するかを設定する。
  • 定数(=2):avpShowSplashAtStartup(設定値:Boolean)
  • Appオブジェクトにおける GetPreferenceExSetPreferenceEx メソッドの第1引数に使用される。

 

設定値

  • True : スプラッシュウィンドウを表示する。
  • False : スプラッシュウィンドウを表示しない。

 

動作するバージョン

Version Adobe
Acrobat
Adobe
Reader
備考
4
-
-
Acrobat 4.0
※Windows 98SE + Excel 2000
5
-

-
Acrobat 5.0.5
6
-

-
Acrobat 6.0.3 Pro
7
-
-
Acrobat 7.0.9 Pro
Acrobat 7.1.4 Pro
8
OK
-
Acrobat 8.1.2 Pro
9
-
-
Acrobat 9.3.2 Extended
10
-
-
Acrobat X (10.1.8) Extended
11
-
-
Acrobat XI (11.0.04) Extended
  • OK = 動作する。
  • NO = 動作しない。 戻り値が0を返す。
  • - = 未確認。

 






サンプル:ExcelのVBA

 

説明:

Acrobat,Acrobar Readerアプリケーションの起動時にスプラッシュウィンドウを表示する様に設定する。

  • F8キーでステップ実行しながら動作確認する。
  • 参照設定を事前にする。

 

'Public Const avpShowSplashAtStartup = 2    ' boolean
'「スプラッシュスクリーンを表示/非表示」を切り替える。

Sub Test_App_GetPreferenceEx2()

    Dim objAcroApp  As New Acrobat.AcroApp
    Dim bRet        As Boolean
    With objAcroApp
    
    '特定のAcrobatアプリケーション環境設定値を取得する。
    bRet = .GetPreferenceEx(avpShowSplashAtStartup)
    Debug.Print _
        "GetPreferenceEx(avpShowSplashAtStartup)=(" & _
        .GetPreferenceEx(avpShowSplashAtStartup) & ")"
        
    '「スプラッシュスクリーンを表示」に切り替える。
    bRet = .SetPreferenceEx(avpShowSplashAtStartup, True)
    
    End With
    Set objAcroApp = Nothing

End Sub

 

補足

  • 「環境設定」画面の「アプリケーションの起動」にあるる「スプラッシュスクリーンを表示」をオンにする。
    「環境設定」画面の「アプリケーションの起動」にある「スプラッシュスクリーンを表示」
  • 以下の「スプラッシュスクリーン」画面がアプリケーション起動時に表示されます。
    Falseにすると表示されません。
    「スプラッシュスクリーン」画面
  • iac.basの内容を参照。
  • IAC.BASにある定数の説明一覧を参照。

 

動作確認環境

  • WindowsXP Pro(+ SP3) +
    Acrobat 8.1.2 Pro + Office 2003 + MicrosoftUpdate

 

戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


出来るだけ早く返答する様には心がけています。
が、遅くなる時もありますのでご了承ください。


SAMURAI Plugin