Xpdf : PDFのセキュリティ情報を取得するVBA関数

TOP > Xpdf ツール > サンプル


Baby Metal-21

概要

PDFの文書のプロパティにあるセキュリティ情報を取得します。

  1. 文書プロパティのセキュリティ設定の有り無し
  2. 「印刷」を許可しない、する
  3. 「テキストや画像の抽出」を許可しない、する
  4. 「内容の変更」を許可しない、する
  5. 「テキスト注釈の追加・変更と対話式フォームフィールドを埋め込む」 許可しない、する
  6. 「新しい対話式フォームフィールドを作成と変更」 許可しない、する

Xpdf の pdfindo.exe を使って情報を取得します。

Xpdf : PDFのセキュリティ情報を取得するVBA関数

 

Xpdf

Xpdf について初めて知った方は先にコチラを御覧ください。

 

機能

  1. PDFの文書のプロパティ情報をXpdf の pdfindo.exe を「-rawdates 」オプションで取得します。
  2. 結果は標準出力としてテキストに出力します。
  3. そのテキストからPDFのセキュリティに関する部分を抽出します。

 

形式

 

戻り値

無し

 


VBAサンプル

  • 事前にXpdf をコチラを参考にダウンロードしてください。
  • そして CON_PDFINFO_PATH に pdfinfo.exe のフルパスを設定します。

 





 

 

出力結果

 

補足:

  • strOut(0) セキュリティー設定が
    • [yes] :有る
    • [no]  :無い。この時はstrOut(1)以降に値は無い。
  • strOut(1) 「印刷」は
    • [print:yes] :「許可する」 と思われます。
    • [print:no] :「許可しない」 と思われます。 
  • sstrOut(2) 「テキストや画像の抽出」は
    • [copy:yes] :「許可する」 と思われます。
    • [copy:no] :「許可しない」 と思われます。
  • strOut(3) 「内容の変更」は
    • [change:yes] :「許可する」 と思われます。
    • [change:no] :「許可しない」 と思われます。
  • strOut(4) 「テキスト注釈の追加・変更と対話式フォームフィールドを埋め込む」   「change:noならば、新しい対話式フォームフィールドを作成と変更」 に対して
    • addNotes:yes] :「許可する」 と思われます。
    • [addNotes:no] :「許可しない」 と思われます。

 

備考

  • 上記の出力結果の内容については全て検証はしていません。
  • Poppler の pdfinfo を使う時はCON_PDFINFO_PATHの内容を事前に変更します。
  • pdfinfo.exe のオプションは -meta -rawdates -box どれを使ってもOKです。どれも「Encrypted:」を出力します。
  • pdfinfo.exe からの出力はセキュリティ・ハンドラのリビジョン2の内容です。リビジョン3又は4の内容が欲しい時はQpdf の「例:qpdf --show-encryption PS-2.pdf」を使います。以下は出力例。括弧はビット位置(勘。

  • pdfinfo.exe のパス中に空白文字が入らないようにして下さい。入るようでしたら入らないフォルダに移動してご使用ください。理由:この様な場合はパスをダブルクオーテーションでくくればイイのですが、コマンドラインの場合はこの位置でのダブルクオーテーションは有効に働きません。ご注意ください。
  • Poppler を使うと処理時間では4倍も掛かる結果が出ています。参考までに。

 

動作環境

  • Windows 10 64bit Pro
  • Office 2007 Excel  32bit

 

 

< Xpdf へ戻る >

「Xpdf : PDFのセキュリティ情報を取得するVBA関数」への2件のフィードバック

  1. 正確な処理時間を測定していなかったですが、「vbHide」の指定、「Sleep」時間の調整で速くなったように思います。
    ありがとうございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


出来るだけ早く返答する様には心がけています。
が、遅くなる時もありますのでご了承ください。


SAMURAI Plugin

コメントをする時は最低でも以下をお願いします。

  • OS名 バージョン
  • Acrobat バージョン
  • ツール(Excel等) バージョン