AFormAut : BorderStyle プロパティ

TOP > AFormAut > BorderStyle プロパティ


説明

フィールドの境界線スタイルを設定します。

指定できる境界線スタイルは以下の5つです。

  • solid : 周囲を実線で表示
  • beveled : ベベル。境界線の内側に浮き出た外観を加える
  • dashed : 周囲を破線で表示
  • inset : 切り込み。境界線の内側にくぼんだ外観を加える
  • underline : 底辺に下線を描く
AFormAut : BorderStyle プロパティ ※ボタン・スタイルの例

形式

[ 取得 / 設定 ] String

設定又は戻り値

設定、又は取得可能な文字列

  1. solid : 周囲を実線で表示
  2. beveled : ベベル。境界線の内側に浮き出た外観を加える
  3. dashed : 周囲を破線で表示
  4. inset : 切り込み。境界線の内側にくぼんだ外観を加える
  5. underline : 底辺に下線を描く

上記以外の値を設定しようとすると、実行エラーが発生します。

AFormAut : BorderStyle プロパティ 値の不正時

Microsoft Visual Basic
実行エラー '5':
プロシージャの呼び出し、または引数が不正です。
終了 デバッグ ヘルプ

動作するバージョン

Adobe
Acrobat
結果備考
4NOAcrobat 4.0 ※Windows 98SE + Excel 2000 *1
※古いPDFのバージョンはOK!
5NOAcrobat 5.0.5 + Excel 2003 *1
※古いPDFのバージョンはOK
6NOAcrobat 6.0.6 Pro + Excel 2003 *1
※古いPDFのバージョンはOK
7OKAcrobat 7.1.4 Pro + Excel 2003 *2 
※レジストリ操作で全面的に可能になる
8NOAcrobat 8.3.1 Pro + Excel 2003
※当Acrobatバージョンでは全面的に不可
9NOAcrobat 9.5.5 Extended + Excel 2003
※当Acrobatバージョンでは全面的に不可
10OKAcrobat X (10.1.8) Extended + Excel 2003
11OKAcrobat XI (11.0.5) Extended + Excel 2003
  • OK : 正常処理。
  • NO : 動作しない。 又は実行時にエラーになる。
  • *1 : 「PDF のバージョン」によっては正常処理出来ない場合がある。
  • *2 : 全ての「PDF のバージョン」での処理を可能にしたければ、
    処理前のレジストリに以下を追加する必要があります。
    [HKEY_CURRENT_USER¥Software¥Adobe¥Adobe Acrobat¥7.0¥AVAlert]
    [HKEY_CURRENT_USER¥Software¥Adobe¥Adobe Acrobat¥7.0¥AVAlert¥cCheckbox]
    "idocNewerVersionWarning"=dword:00000001

サンプル:Excel のVBA

説明 : PDF上のボタンのスタイルを変更します。

AFormAut : BorderStyle プロパティ
001 Option Explicit 002 003 Public Const PDSaveFull = &H1 004 Public Const PDSaveLinearized = &H4 005 Public Const PDSaveCollectGarbage = &H20 006 007 Sub AFormAut_BorderStyle_test() 008 009 Const CON_PDF_FILE = "D:\work\ReleaseNotes.pdf" 010 Const CON_PDF_FI_S = "D:\work\ReleaseNotes-S.pdf" 011 012 Dim lRet As Long 013 014 'Acrobatオブジェクトの定義&作成 015 Dim objAcroApp As New Acrobat.AcroApp 016 Dim objAcroAVDoc As New Acrobat.AcroAVDoc 017 Dim objAcroPDDoc As Acrobat.AcroPDDoc 018 019 Dim objAFormApp As AFORMAUTLib.AFormApp 020 Dim objAFormFields As AFORMAUTLib.Fields 021 Dim objAFormField As AFORMAUTLib.Field 022 023 '※CreateObject("AFormAut.App")のエラー 024 '※[429 ActiveXコンポーネントはオブジェクトを作成できません。] 025 '※回避用 / メモリにAcrobatを強制ロードさせる 026 objAcroApp.CloseAllDocs 027 028 '*―――――――――――――――――――-- 029 '* PDFファイルを開く 030 031 '処理対象のPDFファイルを開く 032 '※AVDocでOpenしないと"AFormAut.App"で実行エラー 033 lRet = objAcroAVDoc.Open(CON_PDF_FILE, "") 034 If lRet = 0 Then 035 MsgBox "AVDocオブジェクトはOpen出来ません" & vbCrLf & _ 036 CON_PDF_FILE, vbOKOnly + vbCritical, "処理エラー" 037 GoTo Skip_AFormAut_BorderStyle_test: 038 End If 039 040 '*―――――――――――――――――――-- 041 '* AFormオブジェクトの作成 042 043 Set objAFormApp = CreateObject("AFormAut.App") 044 Set objAFormFields = objAFormApp.Fields 045 046 '*―――――――――――――――――――-- 047 '* ボタンをスタイルを変更する。 048 049 Set objAFormField = objAFormFields.Item("filed.bt1") 050 objAFormField.BorderStyle = "solid" 051 objAFormField.SetButtonCaption "N", objAFormField.BorderStyle 052 053 Set objAFormField = objAFormFields.Item("filed.bt2") 054 objAFormField.BorderStyle = "dashed" 055 objAFormField.SetButtonCaption "N", objAFormField.BorderStyle 056 057 Set objAFormField = objAFormFields.Item("filed.bt3") 058 objAFormField.BorderStyle = "beveled" 059 objAFormField.SetButtonCaption "N", objAFormField.BorderStyle 060 061 Set objAFormField = objAFormFields.Item("filed.bt4") 062 objAFormField.BorderStyle = "inset" 063 objAFormField.SetButtonCaption "N", objAFormField.BorderStyle 064 065 Set objAFormField = objAFormFields.Item("filed.bt5") 066 objAFormField.BorderStyle = "underline" 067 objAFormField.SetButtonCaption "N", objAFormField.BorderStyle 068 069 Skip_AFormAut_BorderStyle_test: 070 071 '*―――――――――――――――――――-- 072 '* 終了処理 073 074 '変更したPDFファイルの保存はPDDoc.Saveで必ず行う 075 Set objAcroPDDoc = objAcroAVDoc.GetPDDoc 076 lRet = objAcroPDDoc.Save( _ 077 PDSaveFull + PDSaveCollectGarbage + PDSaveLinearized, _ 078 CON_PDF_FI_S) 079 If lRet = 0 Then 080 MsgBox "05: PDFファイルへ保存出来ませんでした" & vbCrLf & _ 081 CON_PDF_FI_S, vbOKOnly & vbCritical, "エラー" 082 End If 083 084 'AVDocを閉じる 085 lRet = objAcroAVDoc.Close(1) 086 087 'Acrobatアプリケーションの終了 088 objAcroApp.Hide 089 objAcroApp.Exit 090 091 'オブジェクトの開放 092 Set objAFormFields = Nothing 093 Set objAFormApp = Nothing 094 Set objAcroAVDoc = Nothing 095 Set objAcroPDDoc = Nothing 096 Set objAcroApp = Nothing 097 098 MsgBox "End Sub" 099 100 End Sub


 Highlight:プログラミング言語のソースコードを構文で色分け (GUI編)
 


実行結果

1. Acrobat 7.1.4

AFormAut : BorderStyle プロパティ 実行前と実行後

2. Acrobat X (10.1.8)

Acrobat 7.1.4 と結果は同じ。

3. Acrobat XI (11.0.5)

Acrobat 7.1.4 と結果は同じ。

備考

  1. 上記サンプルでは、フィールド名は完全修飾(フル名称)で指定しています。
    しかし、xxx.yyy の様にピリオドで区切ってあるフィールド名が複数ある時は、xxx だけを指定すれば頭に xxx. がつく全てのフイールド名が対象になります。
      
    例 : 頭に「field.」のフィールド名がつくのはベベルに設定されます。
         Set objAFormField = objAFormFields.Item("filed")
        objAFormField.BorderStyle = "beveled"
      
  2. Acrobat JavaScript ( Acrobat 8.0 ) に相当する命令が BorderStyle です。

Adobe Web 解説 URL(英語)

  • http://livedocs.adobe.com/acrobat_sdk/10/Acrobat10_HTMLHelp/wwhelp/wwhimpl/js/html/wwhelp.htm?href=IAC_API_FormsIntro.107.19.html&accessible=true  
      
  • http://partners.adobe.com/public/developer/en/acrobat/sdk/FormsAPIReference.pdf#nameddest=G15.1030675

その他の参考URL

  1. JavaScript for Acrobat API Reference Adobe Acrobat SDK バージョン 8.0 のBorderStyle を参照
    ※Acrobat JavaScript の詳細な解説書 / Acrobat v8.0 リファレンス(765頁)         

戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


出来るだけ早く返答する様には心がけています。
が、遅くなる時もありますのでご了承ください。


SAMURAI Plugin

コメントをする時は出来れば以下もお願いします。

  • OS名 バージョン
  • Acrobat バージョン
  • ツール(Excel等) バージョン
コメントにサンプルコードを入れるとエラーになる場合が有ります。その時はコードの前後に <code> ・・・</code> タグを入れてください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください