Acrobat SDKのダウンロード ※VB.NETサンプルの入手

TOP > *      [...]


残念ですが、現時点(2013/10/11)でAcrobat SDK 8.1 のダウンロードページは存在しません。

以下を参考にしてAcrobat 9.1 SDK 又はAcrobat X SDK をダウンロードして、その中に含まれるVB.NETサンプルを入手して下さい。

 

TOPへ

  


JSObject を理解するには良く使われているVB.NETのサンプルソースを入手する方が早いです。

そこでそのサンプルが入っている Acrobat SDK のダウンロード方法を詳細に以下に説明します。

内容は今後多少変わるかもしれないが基本は同じだと思います。

▼① Adobe Acrobat SDK ダウンロードサイトを開く。

ダウンロード先URL:http://www.adobe.com/devnet/acrobat/

Acrobar SDK Download

 

▼② 上記画面の「Download the Acrobat 8.1 SDK」部分をクリックします。

Acrobar SDK Download(2)

 





 

▼③ 画面が変わります。

Acrobar SDK Download(3)

▼④ 上記画面下部の「Download the Acrobat 8.1 SDK」をクリックします。

Acrobar SDK Download(4)

 

▼⑤ 画面が変わります。「Adobe Membership ID」を持っている人はその時に登録したメールアドレスパスワードを入力して「Continue」ボタンをクリックします。

「Adobe Membership ID」を持っていない人は「No. I will create one now」チェックボックスをオンにして、「Continue」ボタンをクリックし、「Adobe Membership ID」を取得して下さい。

登録は無料です。Acrobat製品を持っていなくても良いみたいです。

※以下は「Adobe Membership ID」を取得した前提で話を進めます。

Acrobar SDK Download(5)
Acrobar SDK Download(6)

 

▼⑥ 画面が変わりライセンスに関する説明が表示されます。

内容を確認し、画面をスクロールして、画面最下部に有る「I Accept There Terms」ボタンをクリックします。

Acrobar SDK Download(7)

Acrobar SDK Download(8)
Acrobar SDK Download(9)

▼⑦ やっとダウンロード出来る画面が表示されます。

Acrobar SDK Download(10)

▼⑧ 「Download - Windows」 と書かれた部分がSDKです。VB.NETのサンプルソースが入っているのは「All Acrobat 8.1 SDK Samples」と書かれた部分です。

他にも2つ有るので一緒にダウンロードしておきましょう。

英語版ですが、リファレンスや膨大な資料が手に入ります。

Acrobar SDK Download(11)

 

戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


出来るだけ早く返答する様には心がけています。
が、遅くなる時もありますのでご了承ください。


SAMURAI Plugin