PDF:サンプルファイルの実行エラー

TOP > *      [...]


エラーメッセージ

  

前の記事「Excel:PDFの文書プロパティを表示する」から BunsyoPropaty12.xls ファイルをダウンロードした人たちへ。

以下の実行エラーが表示される場合があります。

 

実行エラー 429 ActiveX コンポーネントはオブジェクトを作成できません。

 
※ 実行エラー(PutPdfPropaty)
※ エラー番号:429
※ ActiveX コンポーネントはオブジェクトを作成できません。
※ 処理は中断しました。

 

解説

  

PDFの文書プロパティを取得するサンプルExcelファイルは、WindowsXP + SP2 + Acrobat Pro v7.0.9 + Excel 2003 の環境で作りました。

この環境ではこのエラーは発生しません。

それをWindowsXP + SP2 + Acrobat Reader v8.0 + Excel 2003 の環境で実行したところ、上記のエラーメッセージが表示され、実行中断エラーになります。

PDFファイルをオープンするVBAロジックで発生しています。

SDK関連のドキュメントで以下の記載を発見しました。

Adobe Reader によってインストールされた ActiveX コントロールや Netscape プラグインを他のアプリケーションで使用することは、ライセンスされていません。 このようなインタフェースを使用した開発はサポートされておらず、参考資料も用意されていません。」

昔のAcrobat JavaScriptのSDKの記述にはAcrobatでは使える、Acrobat Readerでは使えない記述があるSDKがありましたが、現時点でのOLE(IAC)のSDKの記述にはそれはありません。

 





 

結論

Acrobat OLE(IAC)には使える、使えないオブジェクトがあります。

それは大きく2つに分類されています。

  1. AcrobatとAcriobat Readerの両方で使える。
  2. Acrobatしか使えない。

 

上記のエラーメッセージは「Acrobatしか使えない。」というエラーメッセージです。

 

TOPへ

「PDF:サンプルファイルの実行エラー」への2件のフィードバック

  1. この意味は、限られたExcelの環境からでないと、Acrobatを操作できないということですか?

  2. 渡辺真さん。初めまして。
    コメントありがとうございます。
    解説不足です、申し訳ありません。
    上記の内容ですが、Excel側にはバージョンも含めて問題はありません。
    OS環境にAcrobatがインストールされているか、Acrobat Readerがインストールされているか、の問題です。
    OS環境にAcrobatがインストールされていればエラーは出ません。
    Acrobat Readerの場合は上記のエラーになります。
    エラーはサンプル内の
    objAcrobatPDDoc.Open メソッド実行時に発生します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


出来るだけ早く返答する様には心がけています。
が、遅くなる時もありますのでご了承ください。


SAMURAI Plugin

コメントをする時は最低でも以下をお願いします。

  • OS名 バージョン
  • Acrobat バージョン
  • ツール(Excel等) バージョン