Acrobat Preference : avpPrefsVersion

TOP > IAC.BAS > avpPrefsVersion


説明

 

 

設定値

  • 設定は出来ない。
    ※実は出来る。詳細は備考を参照。

 

 

動作するバージョン

Version Adobe
Acrobat
備考
4
-
Acrobat 4.0    ※Windows 98SE + Excel 2000
5
-

Acrobat 5.0.5
6
-

Acrobat 6.0.3 Pro
7
-
Acrobat 7.0.9 Pro
Acrobat 7.1.4 Pro
8
OK
Acrobat 8.1.2 Pro
9
-
Acrobat 9.3.2 Extended
10
-
Acrobat X (10.1.8) Extended
11
-
Acrobat XI (11.0.04) Extended
  • OK : 動作する。
  • NO : 動作しない。 戻り値が0を返す。
  • - : 未確認。

 






サンプル:ExcelのVBA

 

説明:PDFのファイル形式バージョン番号を得る。

  • F8キーでステップ実行しながら動作確認する。
  • 事前に参照設定をする。

 

Private Sub Test_App_GetPreferenceEx0()
    Dim objAcroApp  As New Acrobat.AcroApp
    Dim bRet        As Boolean
    With objAcroApp
    '特定のAcrobatアプリケーション環境設定値を取得する。
    bRet = .GetPreferenceEx(avpPrefsVersion) 'True
    Debug.Print _
        "GetPreferenceEx(avpPrefsVersion)=(" & _
        .GetPreferenceEx(avpPrefsVersion) & ")"
'    'バージョン番号を変える。
'    bRet = .SetPreferenceEx(avpPrefsVersion, 4)
    End With
    Set objAcroApp = Nothing
End Sub

 

実行結果

GetPreferenceEx(avpPrefsVersion)=(3)

 

 

補足

  • 古い資料では「読み込みのみ」の記載があった。
    当初は、出力できるPDFのバージョン番号を意味しているのではないかと予測していたが、違うみたいだ。
  • 値は「4」にも「5」にも出来た。
    問題無くAcrobar v8.1.2 は動作した。
    PDFファイルの別名保存も出来た。
    この定数の使用方法が理解出来ない。
    問題が起きると困るので「3」に戻した。
  • この機能の情報提供を求む!
  • iac.basの内容を参照。
  • IAC.BASにある定数の説明一覧を参照。

 

 

動作確認環境

  • WindowsXP Pro(+ SP3) +
    Acrobat 8.1.2 Pro + Office 2003 + MicrosoftUpdate

 

戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


出来るだけ早く返答する様には心がけています。
が、遅くなる時もありますのでご了承ください。


SAMURAI Plugin