AcroExch.AVDoc: OpenInWindowEx メソッド

TOP > AcroExch.AVDoc > OpenInWindowEx      [...]


注意

簡単な解説はしますが、このメソッドはExcel VBAの環境では使用出来ません。

理由はウィンドウズハンドルを使用している為です。

VB.NETならばAcrobat SDKに「ActiveViewVBプロジェクト」があるのでそれを参考にして下さい。

よって、ここでの解説は未実行上での不完全な解説となります。

説明

ウィンドウズハンドルによって指定された画面にPDFファイルを開いて、それを表示します。

形式

VARIANT_BOOL OpenInWindowEx(LPCTSTR szFullPath,
                                    long hWnd,
                                    long openFlags,
                                    long useOpenParams
                                    long pgNum,
                                    short pageMode,
                                    short zoomType,
                                    long zoom,
                                    short top,
                                    short left);

引数

  1. 第1引数(LPCTSTR szFullPath) :
    PDFファイルのフルパス
  2. 第2引数(long hWnd) :
    PDFファイルを表示する画面のウィンドウズハンドル
  3. 第3引数(long openFlags) :
    画面表示タイプ。どれかを設定する。
    AV_EXTERNAL_VIEW:スクロールバー、ツールバーとしおり又はサムネイルとページを表示。注釈があれば表示。注意:ツールバーは表示されない
    AV_DOC_VIEW:スクロールバー、しおり又はサムネイルとページを表示
    AV_PAGE_VIEW:ページのみ表示
  4. 第4引数(long useOpenParams) :
    False(0):ファイルの開いている機能が使用されているのを示します。
    True(正の数):動作が従うパラメタでくつがえされるのを示します。
    注意:使用方法が不明
  5. 第5引数(long pgNum) :
    開くページ番号。最初は0から。
  6. 第6引数(short pageMode) :
    ページ表示モード
    PDDontCare(0):?
    PDUseNone(1):しおり又はサムネイル画像のどちらかを表示
    PDUseThumbs(2):サムネイル画像も表示
    PDUseBookmarks:(3):しおりも表示
    PDFullScreen(4):フルスクリーン
  7. 第7引数(short zoomType) :
    ページ表示タイプ
    AVZoomFitHeight(3):高さに合わせて表示
    AVZoomFitPage(1):画面に合わせて表示
    AVZoomFitVisibleWidth(4):ページの目に見える内容に合わせて表示
    AVZoomFitWidth(2):幅に合わせて表示
    AVZoomNoVary(0):ズームで表示
    AVZoomPreferred(5):※SDKに説明無し
  8.  第8引数(long zoom) :
    ズーム値。%
  9. 第9引数(short top) :
    あるズームタイプ(AVZoomNoVaryなどの)のために、useOpenParamsが正の数であるなら使用出来ます。
    視点の情報に関してPDF Referenceを見てください。
  10. 第10引数(short left) :
    あるズームタイプ(AVZoomNoVaryなどの)のために、useOpenParamsが正の数であるなら使用されます。
    視点の情報に関してPDF Referenceを見てください。

戻り値

  • -1 : 成功
  • 0 : 失敗

動作するバージョン

VersionAdobe
Acrobat
備考
4-Acrobat 4.0    ※Windows 98SE + Excel 2000
5
-
Acrobat 5.0.5
6
-
Acrobat 6.0.3 Pro
7-Acrobat 7.0.9 Pro
Acrobat 7.1.4 Pro
8-Acrobat 8.1.2 Pro
9-Acrobat 9.3.2 Extended
10-Acrobat X (10.1.8) Extended
11-Acrobat XI (11.0.04) Extended
  • OK = 動作する。
  • NO = 動作しない。 戻り値が0を返す。
  • - = 未確認。

サンプル:ExcelのVBA

注意:動作しません!

説明:PDFドキュメントを指定画面(ウィンドウズハンドル)に表示する。

  • F8キーでステップ実行しながら動作確認する。
  • 事前に参照設定をする。
  • IAC.BASが標準モジュールで別途必要です。
001 Option Explicit 002 003 Public Declare Function FindWindow Lib "user32" _ 004 Alias "FindWindowA" _ 005 (ByVal lpClassName As String, _ 006 ByVal lpWindowName As String) As Long 007 008 Const CON_FORMNAME = "UserForm1-HogeHoge" 009 010 Private Sub UserForm_Activate() 011 Me.Top = 0 012 Me.Left = 0 013 014 Dim hwindow As Long 015 hwindow = FindWindow(vbNullString, CON_FORMNAME) 016 017 Dim lRet As Long 018 Dim objAcroAVDoc As New Acrobat.AcroAVDoc 019 'PDFドキュメントを開く 020 lRet = objAcroAVDoc.OpenInWindowEx("E:\Test01.pdf", _ 021 hwindow, AV_DOC_VIEW, True, 0, _ 022 PDUseBookmarks, AVZoomFitPage, 0, 0, 0) 023 024 Set objAcroAVDoc = Nothing 025 026 Sub End


 Highlight:プログラミング言語のソースコードを構文で色分け (GUI編)
 

補足

  • VB.NETで動作確認をしてから、再度訂正します。

動作確認環境

  • WindowsXP Pro(+ SP3) +
    Acrobat 8.1.2 Pro + Office 2003 + MicrosoftUpdate

戻る


キーボード

ブラウザ画面の文字サイズを変更するショートカットキー

  1. [ CTRL ] + [ + ]  :  文字を大きく

  2. [ CTRL ] + [ - ]  :  文字を小さく
Shortcut Keys

  1. [ CTRL ] + [ + ]  :  Up the font size

  2. [ CTRL ] + [ - ]  :  Down the font size

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


出来るだけ早く返答する様には心がけています。
が、遅くなる時もありますのでご了承ください。


SAMURAI Plugin

コメントをする時は出来れば以下もお願いします。

  • OS名 バージョン
  • Acrobat バージョン
  • ツール(Excel等) バージョン
コメントにサンプルコードを入れるとエラーになる場合が有ります。その時はコードの前後に <code> ・・・</code> タグを入れてください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください