PDFバージョンの変化

TOP > *


概要

Acrobat OLEでのPDFバージョンの扱いを解説します。Acrobat本体での手作業と異なります。

  • Acrobat OLE
    プログラグの処理内で扱っているPDFのPDFバージョンで保存されます。複数のPDFを扱っている場合は一番上のPDFバージョンで保存されます。
    但し、プログラムの処理内容によってはPDFバージョンが上がる場合もあるので注意が必要です。
    PDFバージョンを変更する操作は出来ません。
     
  • Acrobat本体での手作業
    保存を行うと「Adobe PDF 設定」に従って保存されます。
    Excelシートの印刷で「Adobe PDF」を使った時も「Adobe PDF 設定」に従って印刷(保存)されます。
    この設定を変更してPDFバージョンを変更する事も出来ます。
    ※注)「手作業」の部分は詳細に動作検証してない。

 

注意事項

ここでの解説はメーカーサイトから公開されている公式情報では無く、当サイトがテスト結果から推測した内容です。テストケースが漏れている可能性も有るので、各自が実際に検証した上でご利用下さい。

 

検証の環境

  • Windows 10 Pro 64bit
  • Acrobat XI Pro
  • 「Adobe PDF 設定」の [互換性のある形式] は標準が1.6ですが、検証の為に 1.5 の「Acrobat 6 (PDF 1.5)」に変更しました。

検証の図

  • ボックスはPDFファイルを示します。
  • 数値はPDFバージョンを示します。
  • (*)の*は処理内容を示します

 


検証:PDFバージョンの変化(1)

処理内容

  • 頁の削除等の処理を何もしないで、開いて別名で保存するだけです。

結果

まとめ

  • PDFバージョンは変更されずに保存されます。

 


検証:PDFバージョンの変化(2)

処理内容

  • PDFの頁を1頁だけ削除して、その後に別名で保存します。

結果

まとめ

  • 元のPDFバージョンで保存します。但し、バージョンが1.5以下の場合は1.6で保存します。
    バージョンが上がるのはAcrobat XI ProのOLE仕様と予測されます。

 


検証:PDFバージョンの変化(3)

処理内容

  • A.PDFの全ページをB.PDFへ挿入した後にB.PDFを保存します。

結果





 

まとめ

  • ケース 3-1 と 3-2:
    Acrobat OLEで何らかの処理を行うと上のPDFバージョン 1.6 (Acrobat 7)で保存します。
    注意)「Adobe PDF 設定」の [互換性のある形式] は検証の為に 1.5 の「Acrobat 6 (PDF 1.5)」に設定しています。にもかかわらず1.6で保存されたと言う事は、「Adobe PDF 設定」は参照されず、Acrobat XI ProでのOLE仕様が1.6と定義されている、と予測されます。
  • ケース 3-3 ~ 3-7:
    PDFページの存在有り無しに関係無く、扱ったPDFの一番上位のPDFバージョンで保存されます。

 


 

総まとめ

  • PDFページの存在有り無しに関係無く、扱ったPDFの一番上位のPDFバージョンで最後は処理されます。
  • PDFバージョンの最終が1.5以下の場合は1.6に上げられます。
    これは動作環境にインストールされているAcrobat のOLE仕様と予想されます。今回はAcrobat XI Proでの仕様と思われます。
  • 「Adobe PDF 設定」の値は影響しません。

 

備考

  1. PDFバージョンのみを強制的に変更したい場合は、コマンドラインツール CPDF-set-version オプションを使います。

 

参照

 

TOPへ


 

サイト管理者用メモ

これ以降はサイト管理者のメモです。見なくて結構です。

テストで使用したVBAコード。

 

Adobe PDF 設定

Acrobat OLEはこの設定を見ないので関係無いが、メモだけ残す。

Excelの印刷時に指定する方法:

プリンタ「Adobe PDF」を選択し、[プロパティ] をクリック。

以下の画面が出たら、[PDF設定] -> [編集]ボタン をクリックし、更に次の画面が表示したら、そこから [互換性のある形式] で指定したいPDFバージョンを選択する。

以上でPDFバージョンの指定が可能。

 

TOPへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


出来るだけ早く返答する様には心がけています。
が、遅くなる時もありますのでご了承ください。


SAMURAI Plugin

コメントをする時は出来れば以下もお願いします。

  • OS名 バージョン
  • Acrobat バージョン
  • ツール(Excel等) バージョン
コメントにサンプルコードを入れるとエラーになる場合が有ります。その時はコードの前後に <code> ・・・</code> タグを入れてください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください