PDF の3つのパスワード

丹

説明

Acrobat PDF には3つのパスワードが存在します。

  1. ユーザーパスワード (文書を開くパスワード):
    PDFファイルを開く時に制限を掛けるパスワードです。
     
  2. オーナーパスワード (権限パスワード):
    PDFに印刷、更新、コピー等の許可を設定するパスワードです。
      
  3. 添付ファイルを開くパスワード:
    添付ファイルを抽出したり、内容を見たりする時に制限を掛けるパスワードです。

3つの違いを次に少し詳しく説明します。

 

ユーザーパスワード

PDFファイルを開く時に入力を要求されるパスワードです。単に「文書を開くパスワード」とも言います。

PDF:ユーザーパスワード (文書を開くパスワード)

PDFを見る人を制限したいときに使います。設定は文書プロパティのセキュリティから行います。

 

オーナーパスワード

PDFは文書の印刷や編集を制限できます。その制限を設定する時に使うパスワードです。「権限パスワード」とも言います。

注意点が3つ有ります。

  1. ユーザーパスワードとオーナーパスワードの両方が設定されている場合、PDF文書を開く時のパスワードはどちらを使ってもOKになります。
      
  2. PDF文書を開く時にオーナーパスワード(権限パスワード)を使うと、PDFを開いた後はオーナーパスワードを使って設定した印刷、変更等のセキュリティ制限は全て許可された状態になります。
  3. PDF文書を開く時にユーザーパスワード(文書を開くパスワード)を使うと、PDFを開いた後はオーナーパスワード使って設定した印刷、変更等の制限はそのまま有効です。

以下はセキュリティ設定を変更する為に「設定の変更」ボタンを押した時に表示される権限パスワードの入力画面です。





PDF:オーナーパスワード (権限パスワード)

設定は文書プロパティの上記画面のセキュリティから行います。

 

添付ファイルを開くパスワード

添付ファイルを開く、追加、削除、保存(抽出)を制限するためだけのパスワードです。

PDF:添付ファイルを開くパスワード

注意点が4つ有ります。

  1. このパスワードを掛けると他の「文書を開くパスワード」も「権限パスワード」も同時に掛けることができなくなります。添付ファイルのみの制限しか出来なくなります。
      
  2. 添付ファイルを「開く」パスワードと一般的に言っていますが。添付ファイルを追加、削除、又は開く時も上記パスワード入力を要求されます。つまり添付ファイルのほぼ全般の操作をパスワードで制限します。
      
  3. 追加、削除、保存の操作でも上記と同じ画面で「・・を開くための・・」と表示されます。
      
  4. 添付ファイルへの「説明の編集」だけは制限されません。  

これも設定は文書プロパティのセキュリティから行います。

 

パスワードの設定方法は

Acrobat の説明サイトに譲ります。

 

ユーザーパスワードとオーナーパスワードの違い

はズバリ、PDF文章を開く時に必要なのがユーザーパスワード。PDF文書の印刷、変更、コピーを制限する時に設定で使うパスワードがオーナーパスワードです。

 

以上。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


出来るだけ早く返答する様には心がけています。
が、遅くなる時もありますのでご了承ください。


SAMURAI Plugin

コメントをする時は最低でも以下をお願いします。

  • OS名 バージョン
  • Acrobat バージョン
  • ツール(Excel等) バージョン