メモ:PDFtk : shuffle 引数の例

shuffle 引数の例

 

shuffle引数は1つ以上のPDFからページを交互に配置しながら結合し、新しいPDFを作成する。

 

f_a.pdf の1ページ目,f_b.pdf の1ページ目、f_a.pdf の2ページ目,f_b.pdf の2ページ目の順で抽出して、抽出した順番に f_out.pdf へ出力する。

pdftk  A=f_a.pdf  B=f_b.pdf  shuffle  A  B  output  f_out.pdf

 

スキャナで最初は奇数ページのみ読み込んだファイル(f_a.pdf)、次に後ろから偶数ページを読み込んだファイル(f_b_rev.pdf)が合ったとする。

f_a.pdf の1ページ目,f_b_rev.pdf の後ろから1ページ目、f_a.pdf の2ページ目,f_b_rev.pdf の後ろから2ページ目の順で抽出して、抽出した順番に f_out.pdf へ出力する場合は引数の B -> Bend-1 に変更すると f_b_rev PDFファイルは後ろから取り出す。

Bend-1 : [B] + [end] + [-1] : B を後ろから

pdftk  A=f_a.pdf  B=f_b_rev.pdf  shuffle  A  Bend-1  output  f_out.pd

pdftk  A=test.pdf  shuffle  Aodd  Aeveneast  output  out2.pdf

参考:

  





< TOPへ >

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


出来るだけ早く返答する様には心がけています。
が、遅くなる時もありますのでご了承ください。


SAMURAI Plugin