AcroExch.App: Minimize メソッド

TOP > AcroExch.App > *      [...]


説明

Acrobatアプリケーションを最小化します。

元のサイズにも戻します。

形式

VARIANT_BOOL Maximize(long bMaximize);

引数

  1. 第1引数(long bMaximize):
    0=元のサイズに戻る。
    0以外=最小化する。 

戻り値

  • -1 : True(真)で成功した。
  • 0 : False(偽)で失敗した。 

動作するバージョン

VersionAdobe
Acrobat
備考
4
OK
Acrobat 4.0    ※Windows 98SE + Excel 2000
5
OK
Acrobat 5.0.5
6
OK
Acrobat 6.0.3 Pro
7
OK
Acrobat 7.0.9 Pro
8
不良
Acrobat 8.1.7 Pro
9
不良
Acrobat 9.2.0 Extended
10
-
Acrobat X (10.1.8) Extended
11
-
Acrobat XI (11.0.04) Extended
  • OK = 動作する。
  • NO = 動作しない。但し戻り値は常にTrue(-1)。
  • 不良 = 予期しない動作をする。
  • - = 未確認。 環境とテスト時間が出来次第、結果を入力します。

Acrobat バージョン 7.0.9 と 7.1.4 では動作します。

それより上のバージョンでは無条件に「元のサイズに戻す」動作をします。


サンプル:ExcelのVBA

説明:画面表示されているAcrobatアプリケーションを最小化してタスクバーに隠します。

  • 参照設定を事前に行う。
  • 以下のサンプルはテスト用です。
    F8キーでステップ実行して動作確認します。
001 Sub AcroExch_App_Minimize() 002 003 'Acrobatオブジェクトの定義&作成 004 ' Acrobat 4,5,6 の時 005 ' Dim objAcroApp As Acrobat.CAcroApp 006 ' Dim objAcroPDDoc As Acrobat.CAcroPDDoc 007 ' Set objAcroApp = CreateObject("AcroExch.App") 008 ' Set objAcroPDDoc = CreateObject("AcroExch.PDDoc") 009 010 ' Acrobat 7,8,9,10,11 の時 011 Dim objAcroApp As New Acrobat.AcroApp 012 Dim objAcroPDDoc As New Acrobat.AcroPDDoc 013 014 '以降はAcrobat全て共通 015 Dim lRet As Long '戻り値 016 Const CON_PDF = "E:\TEST01.pdf" 017 018 'PDFを画面表示する 019 lRet = objAcroApp.Show 020 lRet = objAcroPDDoc.Open(CON_PDF) 021 If lRet = False Then 022 'PDF Fileが存在しない 023 MsgBox "Not Found PDF File=" & CON_PDF 024 GoTo AcroExch_App_Minimize_Skip: 025 End If 026 objAcroPDDoc.OpenAVDoc CON_PDF 027 028 '最小化してタスクバーに隠す。 029 lRet = objAcroApp.Minimize(1) 030 '元のサイズに戻す。 031 lRet = objAcroApp.Minimize(0) 032 033 lRet = objAcroApp.CloseAllDocs 034 035 AcroExch_App_Minimize_Skip: 036 'アプリケーションの終了 037 lRet = objAcroApp.Hide 038 lRet = objAcroApp.Exit 039 040 'オブジェクトの強制開放 041 Set objAcroPDDoc = Nothing 042 Set objAcroApp = Nothing 043 044 End Sub


 Highlight:プログラミング言語のソースコードを構文で色分け (GUI編)
 

備考

  • 戻り値は常に真(True=-1)が戻ります。
  • 最小化されていても戻り値は真(True=-1)が戻り、特に何も変わりません
  • 「lRet = objAcroApp.Show」ステートメントはAcrobatバージョンによっては要らない?※未調査

注意

  • Acrobat v8 & Acrobat v9 では引数の値に関係無く、
    Acrobatアプリケーションを「元のサイズに戻す」動作になります。

動作確認環境

  • Windows98SE( + WindowsUpdate) +
    Acrobat 4.0 + Office 2000
  • WindowsXP Pro( + SP3 + WindowsUpdate) +
    Acrobat 5.0.5  + Office 2003
  • WindowsXP Pro( + SP3 + WindowsUpdate) +
    Acrobat 6.0.3 Pro + Office 2003
  • WindowsXP Pro( + SP2 + WindowsUpdate) +
    Acrobat 7.0.9 Pro + Office 2003
  • WindowsXP Pro( + SP3 + WindowsUpdate) +
    Acrobat 8.1.7 Pro + Office 2003( + SP3)
  • WindowsXP Pro( + SP3 + WindowsUpdate) +
    Acrobat 9.2.0 Extended + Office 2003( + SP3) 

Adobe Web 解説 URL(英語) v9.1

http://livedocs.adobe.com/acrobat_sdk/9.1/Acrobat9_1_HTMLHelp/IAC_API_OLE_Objects.103.18.html

戻る


キーボード

ブラウザ画面の文字サイズを変更するショートカットキー

  1. [ CTRL ] + [ + ]  :  文字を大きく
  2. [ CTRL ] + [ - ]  :  文字を小さく

Shortcut Keys

  1. [ CTRL ] + [ + ]  :  Up the font size
  2. [ CTRL ] + [ - ]  :  Down the font size

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


出来るだけ早く返答する様には心がけています。
が、遅くなる時もありますのでご了承ください。


SAMURAI Plugin

コメントをする時は出来れば以下もお願いします。

  • OS名 バージョン
  • Acrobat バージョン
  • ツール(Excel等) バージョン
コメントにサンプルコードを入れるとエラーになる場合が有ります。その時はコードの前後に <code> ・・・</code> タグを入れてください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください