AcroExch.AVPageView: ScrollTo メソッド

TOP > AcroExch.AVPageView > ScrollTo      [...]


説明

画面を指定ポイント(X,Y)でスクロールする。

 

形式

VARIANT_BOOL ScrollTo(short nX, short nY);

 

引数

  1. 第1引数(short nX) :
    目的のX座標
  2. 第2引数(short nY):
    目的のY座標

 

戻り値

  • -1 : スクロール出来たら。
  • 0 : できないなら。

 

動作するバージョン

Version Adobe
Acrobat
備考
4
-
Acrobat 4.0    ※Windows 98SE + Excel 2000
5
-

Acrobat 5.0.5
6
-

Acrobat 6.0.3 Pro
7
-
Acrobat 7.0.9 Pro
Acrobat 7.1.4 Pro
8
OK
Acrobat 8.1.2 Pro
9
-
Acrobat 9.3.2 Extended
10
-
Acrobat X (10.1.8) Extended
11
-
Acrobat XI (11.0.04) Extended
  • OK = 動作する。
  • NO = 動作しない。 戻り値が0を返す。
  • - = 未確認。

 






サンプル:ExcelのVBA

 

説明:画面を指定ポイント(X,Y)でスクロールする。

  • F8キーでステップ実行しながら動作確認する。
  • 事前に参照設定をする。

 

Sub AcroExch_AVPageView_ScrollTo()

    Dim objAcroAVDoc    As New Acrobat.AcroAVDoc
    Dim objAVPageView   As Acrobat.AcroAVPageView
    Dim lRet            As Long     '戻り値
    Dim x               As Long
    Dim y               As Long
    
    'PDFドキュメントを開く。Acrobatも起動する。
    lRet = objAcroAVDoc.Open("E:¥Test01.pdf", "")
    'AVPageViewオブジェクトを作成
    Set objAVPageView = objAcroAVDoc.GetAVPageView
    lRet = objAVPageView.GoTo(2'3頁に移動
    '画面を指定ポイント(X,Y)でスクロールする
    x = -50     '左(x)へ50ポイント
    y = 200     '下(y)へ200ポイント
    lRet = objAVPageView.ScrollTo(x, y)
    
    '保存しないでPDFドキュメントを閉じる
    lRet = objAcroAVDoc.Close(1)
    'オブジェクトを強制解放する。Acrobatも終了する。
    Set objAVPageView = Nothing
    Set objAcroAVDoc = Nothing

End Sub

 

補足

  • 最終ページや先頭ページに至って、スクロール出来なくても戻り値は-1が返される。
  • PDFの座標系はページの左下隅を基点としていますが、注釈の座標はページの左上隅を基点とします。

 

動作確認環境

  • WindowsXP Pro(+ SP3) +
    Acrobat 8.1.2 Pro + Office 2003 + MicrosoftUpdate

 

戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


出来るだけ早く返答する様には心がけています。
が、遅くなる時もありますのでご了承ください。


SAMURAI Plugin

コメントをする時は出来れば以下もお願いします。

  • OS名 バージョン
  • Acrobat バージョン
  • ツール(Excel等) バージョン
コメントにサンプルコードを入れるとエラーになる場合が有ります。その時はコードの前後に <code> ・・・</code> タグを入れてください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください